ゆめろぐ

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が、仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

給茶機に氷を捨てていく人が理解できない【職場の迷惑さんシリーズ】

世の中にはいくつになっても驚きの迷惑行動を平然としてしまう人がいますよね。職場においてもそんな人たちは度々見かけることがあります。そんな輩を見かけるたびに、


「お前何歳だよ!?」


「小学生からやり直せよ!!」


「お前を採用した奴をまずクビにしろよ!」



とか思う訳なんですが、本人達に悪気や悪意がなさそうなのがまた厄介です。下手に注意でもしようもんならキョトンとされるかヘラヘラするだけか。「神経質なうるさいやつ」みたいに思われるかもしれません。


ただ、彼らの行動は"社会人として"というようなレベルを超越して"そもそも人としてどうなの?"というレベルだと思うんです。



今回僕が声を大にして言いたいのは給茶機に氷を捨てていく人。僕が細かいのか、やはり彼らがおかしいのか。あなたはどう思いますか?







目次


給茶器に氷置いてくマン

まず給茶器ってわかりますかね?



よくオフィスや図書館などにおかれている細身の自販機みたいなもので、給水口の下に備え付けの紙コップやマグカップなどを置いてボタンを押すとお茶やウーロン茶などが出てきます。それぞれの飲み物に冷たい温かいを選べるものが多いイメージですね。



【イメージ図】
f:id:yumekichi730:20180627211117j:plain
画像出典:TQ-R | オフィスコーヒーサービス | ユニマットライフ



大抵無料なのでオフィスで仕事するときには非常にありがたいのですが、ここの給水口に氷を捨てていく迷惑さんがいるんですよね。



この手の給茶機は氷が出ないので、大体は横に並んでいる別の自販機で買った飲み物の残りの氷です。



「飲み物を飲みきってコップを捨てたいが氷が残ってる、そうだ給茶機に捨てよう!」




じゃねーーーんだょぉおおお




まず何より邪魔なんだ

まず第一に邪魔です。前述の通りお茶を飲みたいときは給水口にコップを置いてボタンを押すわけなのでそこに氷があったら邪魔です。




もしあなたがここまでを読んで「コップ手で持ってボタン押せばいいじゃねーか」とお思いになったとしたら、残念ながら小学校からやり直すことをおすすめします。
 
 
"一部の非常識者のために他者に苦労を強いてもよい"という発想自体が間違っています。残念ですが世の中向いてません。大人向いてません。あとそもそも温かいのはコップを手で持って注ぐのは無理です。




汚いのが一番迷惑

そして第二に汚い。
驚くことにカフェラテの泡などがまるまるついた氷を捨てていく輩もいます。自分が会社勤めではなく中学生ぐらいにタイムスリップしてしまったんじゃないかとクラクラしてきます。




カフェラテの泡がついた給水口にコップを置いてお茶をいれたらコップの底は汚れますね?
で、そのコップをデスクに置いたらデスクが汚れますね?



そんなこともわかんないのかよ



お前とお前を採用したやつをクビにしろよ





氷捨てたいマンに提案だ!

 
じゃあどうやって氷捨てればいいんだって?お客様とのアポに遅れないためには悠長に氷が溶けるのを待ってる時間ないんだって?




そんなおばかちんに簡単な答えを教えてあげちゃうね!
知らなかったかもしれないけど、氷ってお湯で溶けるんだぜ!!




氷の残ったコップにお湯を入れろ。お前が氷を捨てようとしている物体はボタンを押せばタダでお湯が出る魔法のマシンだ。最悪給水口に氷を捨てちゃったにしても、上からお湯をかけろ。
氷なんて10秒できえてなくなるぞ!





勉強になったな?そうしたらいますぐに小学校に戻って道徳と理科を学び直してくるんだ!!




さいごに

ということで日頃仕事で感じている熱いパッションを吐き出させて頂きました。
やられるとわかるんだけどかなり迷惑なんですよね。というよりは逆にやられてみないと迷惑だってことがわからないのかもしれません。(と、好意的に解釈してみる)




これに限らず、自分に自覚がなくても他人に迷惑をかけているかも知れないことって意外と多いのかもしれません。会社や学校、どんなコミュニティも集団生活が基本です。これを反面教師に、常に想像力と思いやりをもって過ごしていくことを心がけたいです。




まだまだ見かける職場の厄介さん。次回は洗った後の手を拭かないおじさんについて考えてみたいと思います。




おしまい



【あわせておすすめ】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com

HGUC ガンキャノン(REVIVE)【ガンプラレビュー】

【HGUC ガンキャノン(REVIVE)】


今回はガンダムに続いてリバイブ版が発売されたHGUCガンキャノンのレビュー。



ガンキャノンと言えばなんと言ってもHGUCシリーズの第一作目となった機体。当時最新の技術でキット化されたガンキャノンはかなり話題になっていたと記憶しています。あれからすでに10年以上が経過したいま、どれだけの進化をとげたのでしょうか。




目次


基本情報

製品情報と内容物

 

  • サイズ :1/144
  • シリーズ:HGUC(ハイグレードユニバーサルセンチュリー)
  • 定価  :1,296円
  • 機体名 :RX-77-2 ガンキャノン

 


ガンダムと共にホワイトベース隊に配備された両肩のキャノンが特徴の試作モビルスーツ。ガンダムに比べて中距離支援能力と装甲に優れ、逆に機動力や格闘能力は低下している。



f:id:yumekichi730:20180508212910j:plain
まずはパッケージ。
他のリバイブ版キット同様にスタイリッシュなデザインに。



f:id:yumekichi730:20180508212926j:plain
内容物。
ガンキャノン本体、ビームライフル、左右の平手。


内容はいたってシンプル。
旧HGUCガンキャノンに付属していたスプレーミサイルランチャーは残念ながらついていません。



f:id:yumekichi730:20180508213040j:plain
マーキングシール。


劇場版『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』においては、宇宙に上がる際にガンタンクと入れ違いにガンキャノンはもう1機配備されます。
それぞれカイ・シデンの「C-108」号機、ハヤト・コバヤシの乗る「C-109」号機とされており、そちらを再現するマーキングシールが付属されています。さらに上記劇場版に一瞬登場し、その後の作品でも登場を果たした「203」号機のシールも。



f:id:yumekichi730:20180508213429j:plain
武装を装備した状態で本体正面から。


リバイブ版キット全般そうですが、過去のキットに比べてかなりシャープなシルエットに。頭がかなり小さくなりました。



前述のマーキングシールは左胸・左脚・右足首に。写真はカイ・シデンの108号機。



f:id:yumekichi730:20180508213441j:plain
横から。


写真の通り両肩の240mm低反動キャノン砲は左右それぞれ独立して動かすことができます。



f:id:yumekichi730:20180508213518j:plain
後ろから。


バックパックはガンダムともまた別の専用のもの。



f:id:yumekichi730:20180508213548j:plain
アップ。かなりの小顔。


もちろんバイザー部分はちゃんとクリアーパーツで成型されています。




武装・可動・ポーズ

f:id:yumekichi730:20180508213619j:plain
まずはボックスアートっぽく。


ビームライフルのスコープは左側にのみ動かせます。



f:id:yumekichi730:20180508213936j:plain
専用のビームライフルはガンダムのものよりも細長いイメージ。




f:id:yumekichi730:20180508214243j:plain
下半身の可動はこんな感じ。
膝立ち射撃のポーズも可能。



f:id:yumekichi730:20180508215206j:plain
ガンキャノンぽい射撃のポーズ①。




f:id:yumekichi730:20180508215239j:plain
ガンキャノンぽい射撃のポーズ②。


過去のHGUCに付属していた四つん這い撃ち専用の手首はないですが、可動が上がっているため四つん這いポーズは可能。




f:id:yumekichi730:20180508215315j:plain
ライフルの保持はグーの握り手でしているため、左右どちらにでも持たせることが可能。




f:id:yumekichi730:20180513211017j:plain
ガンキャノンはサーベル等の近接武器を持っていないため、格闘戦はもっぱら殴る・蹴る・大きな岩を投げる。



f:id:yumekichi730:20180513211056j:plain
キック!


ちなみにこのポーズでちゃんと自立しています。



その他

f:id:yumekichi730:20180508221558j:plain

ガンダムハンマー。
同じ年代の機体ということもあって違和感はありません。というか普通に似合ってます。



f:id:yumekichi730:20180513211308j:plain
ジムキャノンと。
一応元々はガンキャノンの量産型として開発されたジムキャノンですが、ジムをベースにしているためシルエットは全然違います。ガンキャノンはリバイブ版のため、こうして並べるとむしろガンキャノンのほうがシュッとしてますね。



f:id:yumekichi730:20180508215828j:plain
実は2体買ってました。
もちろん、ホワイトベース隊のカイ機とハヤト機として並べるため!



f:id:yumekichi730:20180508220014j:plain
カイ・シデンのC-108号機。



f:id:yumekichi730:20180508220945j:plain
ハヤト・コバヤシのC-109号機。
違いは号機のマーキングシールだけですが(笑)



f:id:yumekichi730:20180508221731j:plain
同じくリバイブ版のガンダムと。


第13独立部隊(めぐりあい宇宙版)。
これがやりたかったために2つ購入。




f:id:yumekichi730:20180508221804j:plain
【チーム>[第13独立部隊]速攻,リロール,ダメージ無効】


これで伝わる人どのくらいいるかな…。







まとめ

ガンダムに続いてリバイブされたガンキャノンのレビューでした。やはりリバイブ版の流れなのかやや細身の印象は好き嫌いが別れそうなところではありますね。


ガンキャノンが来たとなると、次はガンタンクのリバイブにも期待したいところです。リバイブ版ホワイトベース隊として並べてみたいですね。

 
 
 


【写真撮影に使用した背景の簡単作成方法】
www.yumekichi-blog.com


【その他のガンプラレビュー】
www.yumekichi-blog.comwww.yumekichi-blog.comwww.yumekichi-blog.com


 
 
【旧キットとのニコイチなどもやってます】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com




おもちゃ・プラモデル カテゴリーの記事一覧 - ゆめろぐ
 
 

ついにオープン!! お台場の新名所「ガンダムベース東京」に行ってきたよ

【2018/5/13更新】 



ついに2017年8月19日、お台場にあるダイバーシティ東京プラザの七階に


「THE GUNDAM BASE TOKYO (ガンダムベース東京)」


がオープンしました。早速(オープン二日目)行ってきましたのでレポートしたいと思います。



※2018/5/13
再度行ってきたので、変わっていた部分などの情報を追記しました。



目次


0:施設詳細


まず始めに施設の詳細を簡単に。



f:id:yumekichi730:20170621204252p:plain
【名称】
THE GUNDAM BASE TOKYO
(ガンダムベース東京)

【オープン日】
2017年 8月19日(土)

【場所】
ダイバーシティ東京 プラザ7F(東京都江東区青海1-1-10)

【営業時間】
10:00~21:00(不定休)

【入場料】
無料

出典:THE GUNDAM BASE TOKYO - ガンダムベース東京公式サイト




その他施設内の各エリアなどの詳細については、プレビュー記事も併せてご覧頂ければと思います。


【プレビュー記事】
www.yumekichi-blog.com




1:いざ、ガンダムベースへ!

ということで、いざガンダムベースへ!電車での来場の場合、りんかい線の「東京テレポート」駅かゆりかもめの「台場」駅などが最寄りになります。


そしてダイバーシティ前の広場には等身大のユニコーンガンダムが来場者をお出迎えしてくれているはず…。


期待に胸を膨らませていざ、ダイバーシティへ。



f:id:yumekichi730:20170820211549j:plain


まさかの未完成!!


完成予定とか調べていたわけではないんですが、普通にガンダムベースのオープンに会わせてくるものとばかり…。



f:id:yumekichi730:20170820211654j:plain


ちなみに頭部などはユニコーンモードのように見えますが、これはデストロイモードに変形するということなのだろうか!?


組み替えではなく自動で変形可能だとしたらこれはすごいことです。今回は残念でしたが、完成が楽しみです。


【2018/5/13追記】
f:id:yumekichi730:20180513212500j:plain

その後無事完成したみたいですね。日によってユニコーンモードだったりデストロイだったり。
僕が再び訪れたこの日はユニコーンモード。よく見ると完璧なユニコーンモードではなく、ところどころデストロイのままでごまかしてますね(笑)



f:id:yumekichi730:20170820211816j:plain


気を取り直してダイバーシティの7階へ。ガンダムベースのエントランスが見えてきました。


場所はかつてガンダムフロントがあったところです。


f:id:yumekichi730:20170820211953j:plain

ガンダムベースのエンブレム。




ちなみに僕が行ったのはオープン2日目の夕方でしたが、入場は整理券による制限がありました。整理券は2階のガンダムカフェで配布しているとのことでしたが、

  • 7階の入り口まで行き、2階のガンダムカフェで整理券を貰うように言われる
  • 2階のガンダムカフェに行って整理券入手。
  • 整理券に記載されている入場可能時間は、入手した時刻の5分後だった。
  • 7階に戻るとすぐに入場できた。

これ、2階行く必要あったのかしら?(笑)


【2018/5/13追記】
※オープンから日数が経過し、通常営業になってからは整理券による入場にはなっていません。再び行った際は普通に入れました。




2:エントランス

f:id:yumekichi730:20170820212453j:plain


エントランスにはお祝いのお花もたくさん。「ホビージャパン」さんはガンプラ好きにはお馴染みですね。


f:id:yumekichi730:20170820213011j:plain

アムロ役の古谷徹さんをはじめ、数々の関係者や有名人の作品の展示も。


僕の大好きなコンビであるラーメンズの片桐仁さんの作品もありました。昨年のガンプラEXPOにも作品をだされていたので今回もあるんじゃないかと楽しみにしていた甲斐がありました。



f:id:yumekichi730:20170820213134j:plain

タイトルに「ネガティブ」とついていたのでとりあえずネガポジ反転してみたところオリジナルのカラーリングになりました。さすが仁さん!



f:id:yumekichi730:20170820213453j:plain

エントランスには歴代のガンダム(RX78-2)のガンプラが展示されていました。写真のものは1980年発売の(多分)最初のガンプラです。歴史を感じますね。


f:id:yumekichi730:20170820213648j:plain

入口のところで通常の販売コーナー・展示コーナーと、ガンダムベース限定品の販売コーナーに分かれます。


もちろん中で行き来は可能ですが、僕は左に行きました。個人的にはクリヤーとかメタリックの限定品って実はあまり興味がないんですよね。塗装とか加工とかしずらくて…(笑)



ちなみに限定品のラインナップは公式サイトにもアナウンスされています。




f:id:yumekichi730:20180513212923j:plain

入口右手の限定品販売コーナー。





f:id:yumekichi730:20170820214207j:plain

会場内には限定品の作例見本の展示もありました。



【2018/5/13追記】
f:id:yumekichi730:20180513213132j:plain
会場で購入できる限定ガンプラは日々変化しているので、行くたびに楽しめるのがいいですね。ガンダムベースのポイントをためて引き換えることのできるゴールドメタリックバージョンのガンダムなどの展示も(写真左下)。



3:販売コーナー!!


f:id:yumekichi730:20170820214416j:plain

ついに着ました。日本最大のガンプラ販売コーナー!!かなり広いです。


f:id:yumekichi730:20170820214436j:plain

実はこの写真の右奥にも横に長く販売スペースがあります。本当にこれまでに発売されたすべてのガンプラがあるんじゃないかと思える広さです。



f:id:yumekichi730:20170820214511j:plain

旧キット!!個人的に一番期待していたのが古いキット販売です。古いものは現在入手困難なものも多くなっていて、ここで買えるようになるのは凄く嬉しいです。


ちなみにオープン二日目に行ったわけですが、僕が密かに狙っていた1/144フルアーマーガンダムをはじめとして人気と思われる旧キットはすでに完売も出ていたようです。


f:id:yumekichi730:20170820214815j:plain

当サイトでは度々登場するアッガイの最初のモデルも。



ぼくの先祖だね。




f:id:yumekichi730:20170820215053j:plain


ガンダムフロント時代にもあったアパレル(?)コーナーもありました。



4:展示


f:id:yumekichi730:20170820215210j:plain

新製品や今後発売予定の製品の展示もありました。このようにガラスケースに入った展示が会場中のそかかしこに。


f:id:yumekichi730:20170820215300j:plain

これが、ジム・・・だと・・・・


f:id:yumekichi730:20170820215458j:plain

ビルドファイターズのキャラクターの等身大フィギュアも。手にはちゃんとガンプラ。




f:id:yumekichi730:20170820215535j:plain

アニメの原画等の展示も。


ガンプラの施設なだけあって、ビルドファイターズ絡みの展示が多かったイメージ。


f:id:yumekichi730:20170820215609j:plain

ガンダムビルダーズワールドカップ(ざっくり言うとガンプラの大会)の優勝トロフィーの展示。


f:id:yumekichi730:20170820215646j:plain

そしてその横にはガンダムビルダーズワールドカップ2017の告知が。いつか申し込めるようなレベルにまで達してみたいものです。


他にも過去大会の入賞者の方の作品の展示などもありました。



【2018/5/13追記】
f:id:yumekichi730:20180513213421j:plain
先日発表されたガンダムUCの続編(?)のキットが早くも展示されてました。



5:その他のコーナー

ガンプラ製作スペース

f:id:yumekichi730:20170820220054j:plain


そこで購入したものをその場で作れるコーナーも。写真の通り、施設の規模としてはそこまで大きくないので休日昼間等は埋まってしまうのかな。


家族でガンプラを買って一緒に製作というのも良さそうですね。


【2018/5/13追記】
f:id:yumekichi730:20180513213625j:plain
製作スペースのとなりに新たに塗装が可能なペインティングルームが。エアブラシ・コンプレッサー等の工具をレンタルして塗装をすることが可能です。


ファクトリーゾーン


f:id:yumekichi730:20170820220352j:plain

ガンプラの製作工程や技術について学べるコーナーも。ファンにはたまらないですね。


f:id:yumekichi730:20170820220441j:plain

ガンプラ設計体験なるものも。画面のしたにある端末を操作します。


僕はユニコーンガンダムの色変えて遊んでみました。


f:id:yumekichi730:20170820220502j:plain

"聖地"静岡工場の模型が!



f:id:yumekichi730:20170820220536j:plain

このカラフルなパイプは??



f:id:yumekichi730:20170820220605j:plain

近づいてみると、カラフルだったのはすごく細かいビーズのようなもの。これがガンプラのもとになっている素材だそうです。



f:id:yumekichi730:20170820220719j:plain

製造に使用されるマシンや金型など、こちらの展示も中々盛りだくさんでした。




おまけ:今回の戦利品!

さいごに、今回僕が購入してきた戦利品をご紹介して終わりたいと思います。

f:id:yumekichi730:20170820222147j:plain


買ったのは三品。



f:id:yumekichi730:20170820222216j:plain

ちなみに買ったものはこのガンダムベース限定の袋に入れてくれます。青が中々カッコいいです。その日のお台場はこの袋を持った人がたくさんいました。


【その①】
f:id:yumekichi730:20170820222402j:plain


旧キットジムスナイパーカスタム。
ジムとミキシングでHGUC準拠のスナイパーを作ってもよし、改造してガードカスタムやインタセプターを作ってもよし。


旧キットはどう料理してやろうか考えるだけで楽しくなります。


【その②】
f:id:yumekichi730:20170820222506j:plain


HGUCの陸戦型ガンダムの地上戦セットです。


ベースはHGUCの陸ガンですが、各種武器セット・ホバートラック・ジム頭など盛りだくさんのセットになっています。最近は中々お店で見かけなくなってしまったややレアなキットということで購入しました。リバイブ版の陸ガンが出そうな雰囲気があるとかは考えないことにしました。


単体でジム頭を再現できるのは高ポイントです。
 

<レビューしました!>
www.yumekichi-blog.com





【その③】
f:id:yumekichi730:20170820222908j:plain


アクションベースの連邦エンブレムバージョン。


とりたててガンダムベース限定のモデルというわけではないですが、アクションベース自体お店で売ってないこともあり、過去に発売した様々な種類のアクションベースが選べるのは嬉しいです。


f:id:yumekichi730:20170820222938j:plain


レジでポイントカード(無料)が貰えます。


200円1ポイントで、貯めたポイントは限定の景品と交換できるそうです。ポイントを使うにはサイトで簡単な会員登録が必要です。


ポイントの使い道が還元ではなく限定品プレゼントというのは非常に魅力ですが、問題はお台場にはそんなに行かないという所だよなあ・・・。



【2018/5/13追記】
f:id:yumekichi730:20180513214333j:plain
今回はこれを買ってきました。このようなビルダーズパーツ系も幅広く置いてあるのもガンダムベースのいい所ですね。




おわりに


うーん、楽しかったぁ!!


ガンプラ好きな人にはたまらないです。実は今回は行く前に色々歩き回って疲れはてており、最小限のルートを見て最小限の買い物で終わっております。



ガンプラEXPO等と違い期間限定の施設ではないのでまた定期的に、次回は少し人が少なくなってから潤沢な予算を握りしめて行ってこようと思います。



おしまい。





公式サイト
THE GUNDAM BASE TOKYO - ガンダムベース東京公式サイト
公式ブログ
#01『What’s THE GUNDAM BASE TOKYO?』 − “THE GUNDAM BASE TOKYO”BLOG|THE GUNDAM BASE TOKYO - ガンダムベース東京公式サイト





【ガンプラのレビュー記事やってます!】
www.yumekichi-blog.comwww.yumekichi-blog.comwww.yumekichi-blog.com
 
 
 
【改造したガンプラの紹介も!】
www.yumekichi-blog.comwww.yumekichi-blog.com

 
 
 
【これからガンプラを始めてみたい方はこちら!】
www.yumekichi-blog.comwww.yumekichi-blog.com
 
 
 

<プラモデルのカテゴリーの記事一覧です>
www.yumekichi-blog.com