ゆめろぐ

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が日々の思いを書き留めていきます。仕事、趣味、生活についての雑記ブログです。基本平日22時、休日は不定期に更新。

映画「こどもつかい」の感想・考察。社会への問題提起やタッキーの演技にも注目!!

先週上映開始されたばかりの映画、「こどもつかい」を観てきました。
ジャニーズの「タッキー」こと滝沢秀明さん主演のホラー映画です。ポスターや予告編などの雰囲気からは、「普通のジャパニーズホラーかな?」と思っていたんですが、意外にも強いメッセージ性・社会への問題提起を感じさせる作品でした。


※一部ストーリーやラストに絡むネタバレがございますのでご注意下さい。



目次

「こどもつかい」の作品情報

f:id:yumekichi730:20170625180953j:plain
引用:映画『こどもつかい』公式ツイッター(@kodomo_tsukai)より

  • 監督:清水崇
  • 公開:2017年
  • 出演:滝沢秀明、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、門脇麦

17年ぶりの映画出演となる滝沢秀明が映画初主演を務め、「呪怨」シリーズの清水崇監督とタッグを組んだホラー。とある郊外の街で子どもたちが次々と行方不明になり、さらにその周辺で大人たちが相次いで不審な死を遂げる事件が発生。ネット上では、行方不明になった後に帰ってきた子どもと遭遇した大人が、3日後に謎の死を遂げるという噂がかけめぐっていた。地方新聞の記者・江崎駿也は、事件に興味を抱き真相を追いはじめる。一方、駿也の恋人で保育所に勤める尚美は、ある男の子の母親が夜中になっても迎えに来なかったため、その男の子を預かることに。そこへ事件の鍵を握る謎の男「こどもつかい」が忍び寄り、男の子がいなくなってしまう。滝沢が子どもの霊を操って大人に呪いをかける謎の男こどもつかい役で新境地に挑むほか、「Hey! Say! JUMP」の有岡大貴が事件を追う記者・駿也役を、「二重生活」の門脇麦が駿也の恋人・尚美役をそれぞれ演じる。

引用:こどもつかい : 作品情報 - 映画.com


作品についての感想や考察

作品全体の感想

静かに増えていく犠牲者、少しずつ明かされる謎、そして最後に畳みかけるような展開。基本的には日本ホラーの王道を行く流れだと思います。ただ、本作の中心には「児童虐待」が大きなテーマとして存在しています。

そのため一般的なホラー作品に比べると全体的に話が重く、小さな子供と見るのには向かないかもしれません。鑑賞後の印象としても、「怖かった」と言うよりは、「考えさせられた」という思いが強かったように思います。

正直好みはわかれるのかなと思っています。純粋に怖さやハラハラドキドキを求める人には物足りないかもしれませんが、世の中への強いメッセージ性を持った意欲的な作品だと思います。

タッキーってこんな役もできるの!?

キャスティングを見た時の一番の印象はこれですね。僕のイメージでは、タッキーと言えば菜々子先生との禁断のロマンスとか元ボクサーのケーキ屋とか、あとは義経とか・・・。あまり今回のような怪キャラクターをやっているイメージはありませんでした。非常に懐かしいドラマで木曜の怪談というのもありましたが、怖がらせる側じゃなかったし当時は小学生ぐらいだったのかな?(そう考えるとタッキーさんもかなりのベテランなのね)

子どもの霊を操って大人を呪い殺す謎の男。笛のようなものを吹いて子ども達を操る姿は、ハーメルンの笛吹き男を想起させます。特に前半は終始不気味な雰囲気を放っていました。ミステリアスでありながらどこか子供じみた印象もある中々難しい役どころを見事に表現されていました。
序盤の不気味な雰囲気もよかったですが、個人的には終盤の(子どもっぽく)感情を露わにするシーンの演技が好きでした。
/ばーかばーか。\


シリアスなドラマも少し不思議な役柄もいける、ジョニー・デップ的なポジションな感じでいったりするのかな?

「児童虐待」というテーマ

本作はざっくり言えば「虐待等により子どもから恨みを買った大人が呪い殺される」というストーリーです。そのせいでろくでもねー大人ばっかでてきやがる・・・。
特に一番クローズアップされているのは子どもに虐待を加える親ですね(そうでないパターンもありますがそれは後述)。

僕は子育てをしたことがないので本件については偉そうなことは何も言えないのですが、この「児童虐待」の問題というテーマがストーリーに非常に重みを加えています。
物語の中では黒マント(こどもつかい)を食い止めることには成功しましたが、この国(世界?)に蔓延する虐待という問題は何も解決されておらず、呪いも完全に消え去ったわけではないことが示唆されるラストでした。ここがこの物語から観る者への一番のメッセージなのかなと思っています。「約束の小指」の存在を忘れるなよ、と。


門脇麦さん演じる尚美も過去に虐待を受けており、お腹の中の子供の親として自分がふさわしいか悩むシーンがあります。有岡大貴さん演じる駿也の助けもあってラストでは前向きになり、お腹も大きくなってきていた尚美ですが、10年後、二人の子はどのように育ったのでしょうか。駿也のように悩みながらもまっすぐな子どもになったことを祈りたいものです。

印象的だったシーン

クライマックスに差し掛かり、尚美が、黒マントの世界に連れ去られたところです。サーカスの広場に魂を抜かれたような大勢の大人たちがただぼんやりと立ち尽くしています。そこにいるのは呪いによって命を奪われた大人たちでした。

作中で虐待をして呪われた親たちもいたのですが、他に本筋に関係のないエキストラにしてはやけにキャラが立っているのが何人もいたんですよね。で、後でノベライズを読んでわかったんですが、過去実際に子どもが被害者となった事件の犯人達もそこに並べられている設定だったようです。実在の人物のオマージュが何人か混ざっていたというわけです。例として名前も上げたくないようなゴミクズ共ばかりなので気になる方はノベライズをチェックしていただきたいですが、先日の千葉の事件の犯人もいつかそこに並べられるんでしょうかね。

貧困や生活的な背景や躾との境目など難しい部分も多い親子間の虐待の問題に対し、こいつらは同情の余地なきただの犯罪者であり、ある意味日本ホラーの王道かつ基本たる「因果応報」が一番顕著に表れていたところだったかもしれません。こんな連中への呪いであれば現実でもぜひ歓迎したいところです。

ノベライズ版について

本作はノベライズ版も上映開始に先駆けて発売されています。
僕は劇場で鑑賞してから読んだのですが、映画では語られていない部分(何人かの登場人物の過去など)も深堀りされていています。300ページ弱でサクッと読めますので、映画を見て「色々考えさせられたなあ」という人はぜひ併せてお薦めです。

ちなみに追加されている過去の部分は、映画以上に重いというかえげつないというか・・・。その部分だけはご注意ください。


また、ノベライズ版は色々と追加しつつも基本は映画を全く同じ流れになっていますが、ラストだけちょっと違うんですよね。僕が物語から読み取ったメッセージと照らして考えると、映画版のラストのほうが良かったかなと思います。



まとめ

ということでホラー映画としてはまあまあですが、色々と社会に対して投げかけている作品だったと思います。
まだ上映開始から1週間そこそこです。気になる方はぜひ劇場に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。





【映画の感想・レビュー】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com

新人がつい忘れてしまいがちな、正しい相談のやり方

こんにちは。
先日こんな記事を書きました。

www.yumekichi-blog.com


ざっくり言うと「報連相は自分の身を守るためにも重要だから徹底しようね。」ということを新入社員やこれから社会に出る人向けに述べています。



今回はその中でも新人には特に機会の多いと思われる、「相談」についてやってしまいがちなエラーについてご紹介します。


あなたは、「課長、○○が起きました。どうしましょう!?」という30点の相談の仕方をしてしまってはいませんか?



f:id:yumekichi730:20170623000804p:plain

目次


例題:トラブル発生

あなたは会社の総務部門に所属しています。社内のイベントで使用する機材1000個をA社に発注していました。

しかしある日、A社から予定していた期日までに納品が間に合わないと連絡が入りました。


あなた一人の力ではどうにも解決させようがなさそうです。
先輩もしくは上司に報告して対応を相談しましょう。



なんと相談するかべき?

「どうしましょう!?」だけは30点


いきなり、

「課長、機材が来ません!どうしましょう??」


は30点の答えです。
ちなみに0点は報告がない場合ですね。

「仕事ができない人」は納期を守れない時の対処の仕方でわかる - ゆめろぐ

新入社員は「報連相」を社会における最大の自衛手段と心得よ - ゆめろぐ


こちらの記事でも書かせていただきましたが、ヤバイときヤバそうな時ほど迅速に報連相!これは自分の身を守るためにも鉄則です。
逆にいうと、30点というのは「とりあえず報告している」という部分のポイントです。テストで名前書けてるからとりあえず10点ってのと同じですね。



いきなりそれだけを報告されても、報告を受けた側としては、


「丸投げかな?」


という印象になります。
そしてマトモな人ならば、


「で、お前はどうしたいんだ?」


と返してくるはずです。

70点でいいから自分の考えを添えて

相談をするときは必ず「こうするべきだと思いますがいかがでしょう」という自分の考えを添えましょう。


この時、上司は100点の答えを求めていません。そもそも100点満点の答えを出せるなら「自分で片付けとけよ」って話ですよね。「自分では処理できない問題を相談」という前提からも逸れますのでここでは考えません。

  • イベントを延期するか機材なしで進める方向で各部署と相談します。
  • 課長からA社になんとかするように圧力かけてもらえませんか。
  • 同じ製品を扱ってるB社に頼んでみたいと思います。


などなど。担当者としての意見や展望を添えて、その上で判断をお願いしましょう

そんなことをしなくても上司はその経験や能力からすでに解決のための答えを持っていることもあります。しかし、しっかりと部下の育成を考えてくれる人であればあえて「お前はどう思うんだ?」と返してきます。答えを与えているだけでは成長しないことを知っているからですね。

スピード感は見誤らないように

ただし注意点として、その問題を対処すべきスピード感を間違えないようにしましょう。自分の考えを整理するのに時間をかけすぎて、手遅れになっては元も子もありません。
四の五の言ってないで早急にエスカレーションしないとヤバい事だってあります。



逆に多少余裕があれば対応について事前の下調べを加えることもできます。

  • A社は半分なら間に合うと言ってます。
  • B社は在庫があって期日に間に合いますが、価格がA社より10%ほど高いです。
  • イベントの実行部署は機材が最悪600個あればなんとかなると言っています。


上記の例ならばこんな情報も加えて相談ができればより親切ですね。





まとめ

人によっては当たり前の事を言うなよって話かもしれません。しかしトラブル等で余裕がないときほどついやってしまうものです。


僕も今日久しぶりにやってしまい叱られました。その反省も込めて、現在この記事を書いています。


繰り返しになりますが、多くの場合において上司は100点の回答は求めていません。あなたがどこまで、どのように考えたかを通して成長度をはかったりさらなる成長を促そうとしています。


逆にはじめからある程度の考えをもって相談ができれば、「お、こいついいぞ」となるわけです。


ちなみにこのパターンの究極系は、解決まで見据えた対応案をもっていき、「お、わかった。お前が言うならそれがベストだろ。それでいけ。」とだけ言わせる形ですね。相談といいつつ実際は承認をしてもらう(要は責任取ってもらう)だけの儀式になります。ここまで言わせることができたらかなり気持ちのいいものですよ。



何気ない相談1つ。あなたがどう動くか、上の人にはしっかり見られてます。



おしまい。


【新人の方、これから社会に出る方に読んで頂きたい】

新人やこれから社会人になる人へ、会社にとって君のかわりはいくらでもいる - ゆめろぐ

新社会人が覚えておきたい「不可能を可能にする」テクニック - ゆめろぐ

新入社員は「報連相」を社会における最大の自衛手段と心得よ - ゆめろぐ

「仕事ができない人」は納期を守れない時の対処の仕方でわかる - ゆめろぐ

今夏「ガンダムベース東京」がお台場のダイバーシティにオープン!!

今年の夏、お台場にあるダイバーシティ東京 プラザ7階に


「THE GUNDAM BASE TOKYO (ガンダムベース東京)」


が新しく出店されます。2017年4月に閉館した「ガンダムフロント東京」があった場所ですね。


「ガンダムベース東京」「ガンプラ」をメインとした施設です。すでにアジアの諸外国では展開済みのようですが、日本としては初めて「ガンプラ」がメインとなる施設となります。ガンプラの施設というと、ファンとしては静岡工場が思い浮かびますが、あそこはあくまで実際に稼働している工場を一部見学ができるものなので、商業施設としては初ということですね。


先日お台場に行った際にガンダムフロントがなくなっていて残念な思いをしたばかりでしたが、装いも新たに再展開されるのは喜ばしいことです。ガンプラがメインというのもファンとしては楽しみなところです。



目次

ガンダムベース東京

基本情報

f:id:yumekichi730:20170621204252p:plain
引用:THE GUNDAM BASE TOKYO - ガンダムベース東京公式サイト

「THE GUNDAM BASE」は、アジアにおける「ガンプラ」ビジネスの拡大を目的に、日本に先駆けて「ガンプラ」のオフィシャルショップとして2003年には韓国で、2005年には台湾に出店し、現在海外2カ国(地域)で、既に計11店舗を出店・運営しています。
この度2017年夏に、「THE GUNDAM BASE TOKYO」として、臨海副都心エリアの複合施設「ダイバーシティ東京 プラザ」7Fに出店します。
2020年に迎える「ガンプラ」発売40周年に向けて、訪日客の多い臨海副都心エリアに「ガンプラ」の総合施設を出店することにより、「つくろうガンプラ!」をテーマとした「ガンプラ」のさまざまな情報を本施設から発信していきます。
全世界・全世代のガンプラファンに向けて、「ガンプラ」を約2,000アイテムをそろえオープン予定です。
引用:THE GUNDAM BASE TOKYO - ガンダムベース東京公式サイト


【オープン予定】
2017年夏 (詳細な日程は未定な模様)

【場所】
ダイバーシティ東京 プラザ7F(東京都江東区青海1-1-10)

【営業時間】
10:00~21:00(予定)
年中無休

【入場料】
無料?

(公式サイトに記載がないため予想ですが、ガンダムフロントやエキスポのように一部エリアが有料というのは考えられます。少なくともショップエリアは無料で間違いないですね。)


設置される予定の施設と気になるポイント

【SHOP ZONE】/【OFFICIAL GOODS】
公式サイトにて「世界一の品揃えを誇る」と謳われている「ショップコーナー」。すでに入手困難になってしまった旧キットや過去の限定モデルの販売も期待したいところです。また、すでに一部は公式サイトでアナウンスされていますが、ガンダムベース東京限定販売となるモデルも楽しみです。


【GUNPLA BUILDERS ROOM】
買ったその場で製作ができる「ワークスペース」です。塗装も可能なようですので、お家ではがっつりとした製作が難しいお父さんにもいいですね。手ぶらでもオーケーなようなので、友達や家族でショップでそれぞれ思い思いのキットを購入し、皆で製作を楽しむのもよさそうです。


【GUNPLA TOKYO】
過去から現在までの歴代ガンプラの「展示コーナー」です。40年近い歴史を持つということを考えると、もはや一つの博物館ですね。


【GUNPLA FACTORY】
静岡工場の名でも知られる「バンダイホビーセンター」から機能や技術が展示されており、ガンプラ生産の一部工程を見学できるようです。
静岡工場も見学コースはありますが、関東住まいとしては近いとは言えず、抽選の倍率も高いため(あとなぜか現状は申込停止)、こちらに期待したいところです。


【PROMOTION SPACE】
他にも定期的に様々な催しを実施予定の「イベントコーナー」



期待したいポイント

限定品の販売

すでに一部が公式サイトで公開されていますが、ガンダムベース東京限定のメタリックやクリアカラーのキットが販売されます。現在は5種のみ発表されていますが、6月下旬には第二弾が発表される予定です。
また、当ブログでも繰り返し登場している連邦カラーのアッガイのような、旧施設であるガンダムフロントの限定商品の再販も期待したいところです。

【2017/6/23】
公式サイトにて新たに限定販売のキットが4種発表されました。個人的には武者號斗丸(最終決戦Ver.)が気になるところですが、クリアだけじゃなくて通常版も再販してくれないかなぁ・・・。


過去の製品の再販

ガンプラはすでに40年近い歴史があり、入手困難となってしまったキットも数多く存在しています。中にはオークションで高値で売買されるようなものも・・・。ガンダムベース東京のショップコーナーは世界でも最大級の品揃えとのことなので、現在入手が難しいキットの再販も期待したいところです。

最新のシリーズでリニューアルされていないやつとか、懐かしのBB戦士とか。七人の超将軍とか売ってたらまとめて買っちゃいそう。バンダイさん頼みます。

等身大ガンダム

ダイバーシティ前に設置されていた"等身大"のガンダムは残念ながら先日撤去されてしまいました。しかし2017年秋には新たに等身大ユニコーンガンダムの設置が予定されています。ユニコーンと言えば、初代のガンダムより一回り大きいサイズに、全身の鮮やかな赤いサイコフレームもあって、中々の迫力が期待できますね。


【参考】

※クリックするとAmazonのページにジャンプします。


今後の追加情報にも注目


現時点ではまだ情報が小出しにされている状況です。オープンの日付も確定していないようですし、限定販売のキットもこれから続々と発表されていくようです。
引き続き公式サイト・公式ブログの情報はウォッチしていきたいと思います。



公式サイト
THE GUNDAM BASE TOKYO - ガンダムベース東京公式サイト
公式ブログ
“THE GUNDAM BASE TOKYO”BLOG #01『What’s THE GUNDAM BASE TOKYO?』- THE GUNDAM BASE TOKYO 公式サイト





【ガンプラのレビュー記事】
www.yumekichi-blog.comwww.yumekichi-blog.comwww.yumekichi-blog.com