ゆめろぐ

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が、仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

ついにオープン!! お台場の新名所「ガンダムベース東京」に行ってきたよ

【2018/5/13更新】 



ついに2017年8月19日、お台場にあるダイバーシティ東京プラザの七階に


「THE GUNDAM BASE TOKYO (ガンダムベース東京)」


がオープンしました。早速(オープン二日目)行ってきましたのでレポートしたいと思います。



※2018/5/13
再度行ってきたので、変わっていた部分などの情報を追記しました。



目次


0:施設詳細


まず始めに施設の詳細を簡単に。



f:id:yumekichi730:20170621204252p:plain
【名称】
THE GUNDAM BASE TOKYO
(ガンダムベース東京)

【オープン日】
2017年 8月19日(土)

【場所】
ダイバーシティ東京 プラザ7F(東京都江東区青海1-1-10)

【営業時間】
10:00~21:00(不定休)

【入場料】
無料

出典:THE GUNDAM BASE TOKYO - ガンダムベース東京公式サイト




その他施設内の各エリアなどの詳細については、プレビュー記事も併せてご覧頂ければと思います。


【プレビュー記事】
www.yumekichi-blog.com




1:いざ、ガンダムベースへ!

ということで、いざガンダムベースへ!電車での来場の場合、りんかい線の「東京テレポート」駅かゆりかもめの「台場」駅などが最寄りになります。


そしてダイバーシティ前の広場には等身大のユニコーンガンダムが来場者をお出迎えしてくれているはず…。


期待に胸を膨らませていざ、ダイバーシティへ。



f:id:yumekichi730:20170820211549j:plain


まさかの未完成!!


完成予定とか調べていたわけではないんですが、普通にガンダムベースのオープンに会わせてくるものとばかり…。



f:id:yumekichi730:20170820211654j:plain


ちなみに頭部などはユニコーンモードのように見えますが、これはデストロイモードに変形するということなのだろうか!?


組み替えではなく自動で変形可能だとしたらこれはすごいことです。今回は残念でしたが、完成が楽しみです。


【2018/5/13追記】
f:id:yumekichi730:20180513212500j:plain

その後無事完成したみたいですね。日によってユニコーンモードだったりデストロイだったり。
僕が再び訪れたこの日はユニコーンモード。よく見ると完璧なユニコーンモードではなく、ところどころデストロイのままでごまかしてますね(笑)



f:id:yumekichi730:20170820211816j:plain


気を取り直してダイバーシティの7階へ。ガンダムベースのエントランスが見えてきました。


場所はかつてガンダムフロントがあったところです。


f:id:yumekichi730:20170820211953j:plain

ガンダムベースのエンブレム。




ちなみに僕が行ったのはオープン2日目の夕方でしたが、入場は整理券による制限がありました。整理券は2階のガンダムカフェで配布しているとのことでしたが、

  • 7階の入り口まで行き、2階のガンダムカフェで整理券を貰うように言われる
  • 2階のガンダムカフェに行って整理券入手。
  • 整理券に記載されている入場可能時間は、入手した時刻の5分後だった。
  • 7階に戻るとすぐに入場できた。

これ、2階行く必要あったのかしら?(笑)


【2018/5/13追記】
※オープンから日数が経過し、通常営業になってからは整理券による入場にはなっていません。再び行った際は普通に入れました。




2:エントランス

f:id:yumekichi730:20170820212453j:plain


エントランスにはお祝いのお花もたくさん。「ホビージャパン」さんはガンプラ好きにはお馴染みですね。


f:id:yumekichi730:20170820213011j:plain

アムロ役の古谷徹さんをはじめ、数々の関係者や有名人の作品の展示も。


僕の大好きなコンビであるラーメンズの片桐仁さんの作品もありました。昨年のガンプラEXPOにも作品をだされていたので今回もあるんじゃないかと楽しみにしていた甲斐がありました。



f:id:yumekichi730:20170820213134j:plain

タイトルに「ネガティブ」とついていたのでとりあえずネガポジ反転してみたところオリジナルのカラーリングになりました。さすが仁さん!



f:id:yumekichi730:20170820213453j:plain

エントランスには歴代のガンダム(RX78-2)のガンプラが展示されていました。写真のものは1980年発売の(多分)最初のガンプラです。歴史を感じますね。


f:id:yumekichi730:20170820213648j:plain

入口のところで通常の販売コーナー・展示コーナーと、ガンダムベース限定品の販売コーナーに分かれます。


もちろん中で行き来は可能ですが、僕は左に行きました。個人的にはクリヤーとかメタリックの限定品って実はあまり興味がないんですよね。塗装とか加工とかしずらくて…(笑)



ちなみに限定品のラインナップは公式サイトにもアナウンスされています。




f:id:yumekichi730:20180513212923j:plain

入口右手の限定品販売コーナー。





f:id:yumekichi730:20170820214207j:plain

会場内には限定品の作例見本の展示もありました。



【2018/5/13追記】
f:id:yumekichi730:20180513213132j:plain
会場で購入できる限定ガンプラは日々変化しているので、行くたびに楽しめるのがいいですね。ガンダムベースのポイントをためて引き換えることのできるゴールドメタリックバージョンのガンダムなどの展示も(写真左下)。



3:販売コーナー!!


f:id:yumekichi730:20170820214416j:plain

ついに着ました。日本最大のガンプラ販売コーナー!!かなり広いです。


f:id:yumekichi730:20170820214436j:plain

実はこの写真の右奥にも横に長く販売スペースがあります。本当にこれまでに発売されたすべてのガンプラがあるんじゃないかと思える広さです。



f:id:yumekichi730:20170820214511j:plain

旧キット!!個人的に一番期待していたのが古いキット販売です。古いものは現在入手困難なものも多くなっていて、ここで買えるようになるのは凄く嬉しいです。


ちなみにオープン二日目に行ったわけですが、僕が密かに狙っていた1/144フルアーマーガンダムをはじめとして人気と思われる旧キットはすでに完売も出ていたようです。


f:id:yumekichi730:20170820214815j:plain

当サイトでは度々登場するアッガイの最初のモデルも。



ぼくの先祖だね。




f:id:yumekichi730:20170820215053j:plain


ガンダムフロント時代にもあったアパレル(?)コーナーもありました。



4:展示


f:id:yumekichi730:20170820215210j:plain

新製品や今後発売予定の製品の展示もありました。このようにガラスケースに入った展示が会場中のそかかしこに。


f:id:yumekichi730:20170820215300j:plain

これが、ジム・・・だと・・・・


f:id:yumekichi730:20170820215458j:plain

ビルドファイターズのキャラクターの等身大フィギュアも。手にはちゃんとガンプラ。




f:id:yumekichi730:20170820215535j:plain

アニメの原画等の展示も。


ガンプラの施設なだけあって、ビルドファイターズ絡みの展示が多かったイメージ。


f:id:yumekichi730:20170820215609j:plain

ガンダムビルダーズワールドカップ(ざっくり言うとガンプラの大会)の優勝トロフィーの展示。


f:id:yumekichi730:20170820215646j:plain

そしてその横にはガンダムビルダーズワールドカップ2017の告知が。いつか申し込めるようなレベルにまで達してみたいものです。


他にも過去大会の入賞者の方の作品の展示などもありました。



【2018/5/13追記】
f:id:yumekichi730:20180513213421j:plain
先日発表されたガンダムUCの続編(?)のキットが早くも展示されてました。



5:その他のコーナー

ガンプラ製作スペース

f:id:yumekichi730:20170820220054j:plain


そこで購入したものをその場で作れるコーナーも。写真の通り、施設の規模としてはそこまで大きくないので休日昼間等は埋まってしまうのかな。


家族でガンプラを買って一緒に製作というのも良さそうですね。


【2018/5/13追記】
f:id:yumekichi730:20180513213625j:plain
製作スペースのとなりに新たに塗装が可能なペインティングルームが。エアブラシ・コンプレッサー等の工具をレンタルして塗装をすることが可能です。


ファクトリーゾーン


f:id:yumekichi730:20170820220352j:plain

ガンプラの製作工程や技術について学べるコーナーも。ファンにはたまらないですね。


f:id:yumekichi730:20170820220441j:plain

ガンプラ設計体験なるものも。画面のしたにある端末を操作します。


僕はユニコーンガンダムの色変えて遊んでみました。


f:id:yumekichi730:20170820220502j:plain

"聖地"静岡工場の模型が!



f:id:yumekichi730:20170820220536j:plain

このカラフルなパイプは??



f:id:yumekichi730:20170820220605j:plain

近づいてみると、カラフルだったのはすごく細かいビーズのようなもの。これがガンプラのもとになっている素材だそうです。



f:id:yumekichi730:20170820220719j:plain

製造に使用されるマシンや金型など、こちらの展示も中々盛りだくさんでした。




おまけ:今回の戦利品!

さいごに、今回僕が購入してきた戦利品をご紹介して終わりたいと思います。

f:id:yumekichi730:20170820222147j:plain


買ったのは三品。



f:id:yumekichi730:20170820222216j:plain

ちなみに買ったものはこのガンダムベース限定の袋に入れてくれます。青が中々カッコいいです。その日のお台場はこの袋を持った人がたくさんいました。


【その①】
f:id:yumekichi730:20170820222402j:plain


旧キットジムスナイパーカスタム。
ジムとミキシングでHGUC準拠のスナイパーを作ってもよし、改造してガードカスタムやインタセプターを作ってもよし。


旧キットはどう料理してやろうか考えるだけで楽しくなります。


【その②】
f:id:yumekichi730:20170820222506j:plain


HGUCの陸戦型ガンダムの地上戦セットです。


ベースはHGUCの陸ガンですが、各種武器セット・ホバートラック・ジム頭など盛りだくさんのセットになっています。最近は中々お店で見かけなくなってしまったややレアなキットということで購入しました。リバイブ版の陸ガンが出そうな雰囲気があるとかは考えないことにしました。


単体でジム頭を再現できるのは高ポイントです。
 

<レビューしました!>
www.yumekichi-blog.com





【その③】
f:id:yumekichi730:20170820222908j:plain


アクションベースの連邦エンブレムバージョン。


とりたててガンダムベース限定のモデルというわけではないですが、アクションベース自体お店で売ってないこともあり、過去に発売した様々な種類のアクションベースが選べるのは嬉しいです。


f:id:yumekichi730:20170820222938j:plain


レジでポイントカード(無料)が貰えます。


200円1ポイントで、貯めたポイントは限定の景品と交換できるそうです。ポイントを使うにはサイトで簡単な会員登録が必要です。


ポイントの使い道が還元ではなく限定品プレゼントというのは非常に魅力ですが、問題はお台場にはそんなに行かないという所だよなあ・・・。



【2018/5/13追記】
f:id:yumekichi730:20180513214333j:plain
今回はこれを買ってきました。このようなビルダーズパーツ系も幅広く置いてあるのもガンダムベースのいい所ですね。




おわりに


うーん、楽しかったぁ!!


ガンプラ好きな人にはたまらないです。実は今回は行く前に色々歩き回って疲れはてており、最小限のルートを見て最小限の買い物で終わっております。



ガンプラEXPO等と違い期間限定の施設ではないのでまた定期的に、次回は少し人が少なくなってから潤沢な予算を握りしめて行ってこようと思います。



おしまい。





公式サイト
THE GUNDAM BASE TOKYO - ガンダムベース東京公式サイト
公式ブログ
#01『What’s THE GUNDAM BASE TOKYO?』 − “THE GUNDAM BASE TOKYO”BLOG|THE GUNDAM BASE TOKYO - ガンダムベース東京公式サイト





【ガンプラのレビュー記事やってます!】
www.yumekichi-blog.comwww.yumekichi-blog.comwww.yumekichi-blog.com
 
 
 
【改造したガンプラの紹介も!】
www.yumekichi-blog.comwww.yumekichi-blog.com

 
 
 
【これからガンプラを始めてみたい方はこちら!】
www.yumekichi-blog.comwww.yumekichi-blog.com
 
 
 

<プラモデルのカテゴリーの記事一覧です>
www.yumekichi-blog.com
 
 
 
 

【HG改造】ジムキャノン(WD隊)製作記録

【ジムキャノン(WD隊)製作記録】

先日投稿したジムキャノン(ホワイト・ディンゴ隊)の製作記録です。旧キットのジムキャノンと、HGUCのジムのニコイチで製作しています。


【完成品の写真はこちら】
www.yumekichi-blog.com






f:id:yumekichi730:20180420000435j:plain
<目次>






製作0:素材

まずは開発素材。
前述の通りニコイチでの作成で、HGUCのジムをベース機に、旧キットのジムキャノンから必要なパーツを取ってきています。


【素材その1:旧キットジムキャノン】
f:id:yumekichi730:20180419233718j:plain
f:id:yumekichi730:20180419232805j:plain


まずは懐かしのMSVの旧キット。真っ白でまさにザ・昔のガンプラって感じの単色成型です。



【素材その2:HGUCガンダム】
f:id:yumekichi730:20180419232828j:plain

先日レビューをした、HGUCのジムです。こちらも今となっては古いキットになりますが、シンプルながらプロポーションもよく改造もしやすい非常に優秀なキットです。こちらをベースとしてジムキャノンを作っていきます。



f:id:yumekichi730:20180419232945j:plain

素材の2体を並べるとこんな感じ。40年間のガンプラの歴史を感じさせます。


f:id:yumekichi730:20180419233258j:plain

ある程度の工作が完了して塗装前の状態がこちら。まだらなパーツ色がニコイチ感が出ていてテンションがあがりますね。





製作1:頭部

ここから各部位の製作記録になります。まずは頭部から。


f:id:yumekichi730:20180426182804j:plain

ジムの頭部両サイドの丸モールドは一旦すべてヤスリで削り取って、旧キットジムキャノンのパーツをそのまま取り付けます。


f:id:yumekichi730:20180426183715j:plain

後頭部のアンテナの基部となる部分は旧キットの頭部から切り出して使用。サイズがあわないので一度真ん中で切断して幅つめ後に再接着してます。



f:id:yumekichi730:20180426183751j:plain

アンテナも旧キットのものをそのまま利用。接着時の強度アップのために真鍮線を入れています。



f:id:yumekichi730:20180426184653j:plain

先程の後頭部パーツはそのままではすかすかなので、一度ポリパテを挟んで乾燥させてから削ります。最終的にはいい感じにぴったりになりました。



f:id:yumekichi730:20180426184937j:plain

クリアパーツは三分割して後ハメ可能にしています。



f:id:yumekichi730:20180426185004j:plain

ジムのキットでは後ろ側のカメラはクリアパーツになっていませんので、透明プラ板でカメラっぽく。



f:id:yumekichi730:20180426185207j:plain

透明プラ板をちょうどいいサイズに切り取って、ラピーテープで裏打ちしてクリアグリーンを塗っています。これだけで大分いい感じの見映えになるのでオススメです。



f:id:yumekichi730:20180426185245j:plain

塗装後に各パーツを組み上げたら頭部完成です。




製作2:両腕

続いて両腕です。こちらは基本塗装のみ。

f:id:yumekichi730:20180426190017j:plain

塗装後の状態。継ぎ目消し以外は特に加工もしていません。



f:id:yumekichi730:20180426190247j:plain

左肩のホワイト・ディンゴ隊のエンブレムは市販のガンダムデカール「MGジムVer2.0用」から持ってきました。ホワイト・ディンゴの他に不死身の第4小隊やジャック・ザ・ハロウィン隊のマークもあって、ジムをたくさん作りたくなる内容となっています。


f:id:yumekichi730:20180426190311j:plain

左肩に。マーキングしました。
MG用のデカールということでしたが、HGUCでもぴったりです。



f:id:yumekichi730:20180426190341j:plain

両腕はこれで完成です。




製作3-1:腰部

続いて胴体。ここから工作が増えます。まずは腰部から。


f:id:yumekichi730:20180426190502j:plain

ジムのパーツに股間部分のモールドを追加していきます。旧キットから必要な部分を切り出します。


f:id:yumekichi730:20180426190606j:plain

そのままではぴったりくっつかないので、隙間にエポパテをつめて乾燥させてから成型。細かい部分の修正はラッカーパテでしています。



f:id:yumekichi730:20180426190705j:plain

肩のキャノンの弾倉は旧キットに三つ付属してます。
左の二つは予備弾倉として腰に装着するため、キャノンとの接続用の穴をエポパテで埋めてます。右のはキャノンに取り付けるため継ぎ目消しの処理のみ。



f:id:yumekichi730:20180426190645j:plain

予備弾倉の取り付けも強度確保のため真鍮線を利用。



f:id:yumekichi730:20180426190748j:plain

取り付けるとこんな感じ。



製作3-2:胸部・キャノン

続いて胸部。やはり右胸のキャノンは本機一番の工作ポイントになります。


f:id:yumekichi730:20180426190820j:plain
f:id:yumekichi730:20180426191103j:plain
f:id:yumekichi730:20180426191112j:plain


まずは旧キットから必要な部分をガリガリ切り出していき、形を整えていきます。



f:id:yumekichi730:20180426190921j:plain

同じくジムのパーツも切断。こちらは逆に右胸部分を取っ払う形。



f:id:yumekichi730:20180426191133j:plain

両パーツを合わせてみたりしながら、少しずつ形を整えていきます。



f:id:yumekichi730:20180426191206j:plain

ジムの背中側のパーツもアタリをつけて切り取ります。



f:id:yumekichi730:20180426191237j:plain

右胸のパーツは後ろの方をプラ板で延長。
接着後、継ぎ目を消して形を整えてます。


f:id:yumekichi730:20180426191322j:plain

ジム側の胴体パーツが塗装まで完成した状態。




f:id:yumekichi730:20180426191414j:plain

続いてキャノンの砲身部分。砲身についているパイプというか取手みたいな部分は一旦切り取って、継ぎ目消しと塗装の後で再接着します。



f:id:yumekichi730:20180426191434j:plain

再接着の際にはお馴染みの真鍮線で強度アップ。



f:id:yumekichi730:20180426191454j:plain

砲身の可動軸は旧キットのものをそのまま活かす形で流用します。ジムの胸部に取り付けるため、軸パーツの後ろ半分はカット。



f:id:yumekichi730:20180426191545j:plain

胸パーツにそのまま取り付けて砲身を可動させることができます。



f:id:yumekichi730:20180426191657j:plain

バックパックは旧キットのものをそのまま使用。ジムの方のバーニアを取り付けたいので、切れ目をいれたプラ板を用意してバーニアの受けにします。



f:id:yumekichi730:20180426191732j:plain

プラ板を取り付けるとこんな感じ。



f:id:yumekichi730:20180426191749j:plain

ここにジムのバーニアを取り付けられるようになりました。



f:id:yumekichi730:20180426191820j:plain

バックパックはそのままでは砲身がほとんど動かなかったため可動域確保のため少し削っています。不自然な形で残ってしまった凹モールドはポリパテで埋めました。




f:id:yumekichi730:20180426191910j:plain

こんな感じで胸部各パーツ完成です。
お腹の部分のパーツはお馴染みの後ハメ加工をして塗装後に組めるようにしています。





製作4:脚部

続いて脚部。
フトモモと足首はHGUCジムから、ヒザからスネにかけての部分は旧キットを使用しました。


f:id:yumekichi730:20180426192044j:plain

まず、ジムのフトモモとの接続のため、旧キットの脚部にポリキャップを仕込みます。



f:id:yumekichi730:20180426192122j:plain

ヒザ部分のピンをいい感じの長さに切り、穴もピンバイスで少しずつ拡大。ジムのポリキャップがつけられるように調整します。


f:id:yumekichi730:20180426192155j:plain

両脚の加工が終わったこんな感じ。
少しユルくなってしまったように感じたため、茶色っぽいところはマニキュアを塗っています(100均で購入)。こうすることで可動部分の強度を多少調整が可能。


f:id:yumekichi730:20180426192300j:plain

ジムのモモとの接続イメージ。前述の通りポリキャップにより可動させることができます。



f:id:yumekichi730:20180426192548j:plain

ポリキャップのみを仕込んだ状態でパーツを接着。継ぎ目消しが必要な部分はヒザ部のガードのみですが、キットの凸モールドの精度がイマイチなため一度ヤスリで削りとります。



f:id:yumekichi730:20180426192654j:plain

プラ板を貼ってモールドを作り直し。




f:id:yumekichi730:20180426192335j:plain

足首の関節はジムの脚部を適当な長さで切り取ったものを使用。旧キットの脚部のピンは取り付けるのに邪魔なため削除してます。



f:id:yumekichi730:20180426192444j:plain

足首パーツはジムの方から。
アンクルガードは使わないのでそのための穴は埋めました。まずは余ったランナーを適当に差し込んで、残りのスキマをパテで埋めていきます。


f:id:yumekichi730:20180426192524j:plain

ポリパテやラッカーパテで細部を補正。



f:id:yumekichi730:20180426192741j:plain

塗装まで完了したら旧キットの方のスネパーツを上からかぶせるように接着。


取り付けの仕方は迷いましたが、ジムの方のパーツをいい感じになるように調整して瞬着でつけるという力技になりました。パーツ同士がだいたい3~4箇所ほど触れていれば瞬着で無理矢理くっつけても安定する感じです。




f:id:yumekichi730:20180426192817j:plain

脚部も無事完成。
各部分とも元のHGUCジムと同程度には可動させることができます。




製作5:武器

f:id:yumekichi730:20180426192903j:plain

用意した武装。
ビームスプレーガン、100mmマシンガン、シールド、小型シールドの四点。基本的には各部の継ぎ目消しと塗装のみです。


スプレーガンはジム付属のもの。マシンガンと小型シールドはBD1号機から、連邦の十字マークのないシールドはパワードジムからそれぞれ持ってきています。



f:id:yumekichi730:20180420000507j:plain

ちなみにシールドと腕を接続する基部のパーツはBD1号機のものを一部加工して流用。本来は2方向に取り付けられる形になっていますが、使わない側を切り取って形を整えています。


パワードジムのシールドも基部の仕組みは同じため、小型シールドと通常シールドを簡単に付け替えられるようになっています。





そして完成!!

f:id:yumekichi730:20180420000324j:plainf:id:yumekichi730:20180420000608j:plain


ということで無事完成しました。
製作期間は一ヶ月ぐらいです。工作としてはやはり右肩のキャノン部分が大きかったですが、個人的に一番面倒だったのは後頭部のパーツのサイズ併せですね。


ゲーム『コロニーの落ちた地で』を含めてホワイト・ディンゴ系の期待は思い入れも強いので、いい感じに仕上がって非常に満足です。



【その他の完成画像はこちらです】
www.yumekichi-blog.com




その他の参考記事


製作には以前こちらの記事でご紹介した道具を使用しています。


【製作に使用した道具はこちらです】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com




文房具店などで買える模造紙で、簡単に綺麗な写真が取れるようになります。


【写真撮影に使用した背景の簡単作成方法です】
www.yumekichi-blog.com



【その他のニコイチ作品】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com



【その他のガンプラレビュー】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com




おもちゃ・プラモデル カテゴリーの記事一覧 - ゆめろぐ
 
 
 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!!

HGUC改造でジムキャノン(WD隊)を作ったよ【ガンプラ】

【ジムキャノン(ホワイトディンゴ隊)】


前回のプロトタイプガンダムに続いてキット化されている機体のレビューではなく、市販のものを改造して作った機体を紹介していきます。
(※完成直後にHGUCでの発売が発表されてしまいましたが…笑)



機体はMSVより「ジムキャノン(ホワイトディンゴ隊仕様)」です。なつかしのゲーム、『コロニーの落ちた地で』(ドリームキャスト)に登場する機体です。



【製作記録はコチラ】
www.yumekichi-blog.com





目次


基本情報&開発素材


【参考画像:ジムキャノン(WD隊)】
f:id:yumekichi730:20180419232605p:plain
出展:戦場の絆公式サイト



【基本情報】

  • サイズ :1/144
  • 機体番号:RGC-80
  • 機体名称:ジムキャノン(WD隊)

 

ジムキャノンは連邦の量産機体であるジムをベースに、ガンキャノンの量産型という位置付けで開発された機体。MSV(モビルスーツバリエーション)にて登場。



さらに本機は一年戦争後期にオーストラリアで活躍したホワイト・ディンゴ隊の搭乗機として、パーソナルカラーであるグレーを基調としたカラーリングが施されているバージョンです。


ジムキャノン自体は1/144では旧キットが発売されているのみ。(1/100はMGでキット化済み)
今回もプロトタイプガンダムの時と同じく、HGUCのキットをベースに、旧キットから必要な部分を移植していく方式にしました。ごく一般的な"ニコイチ"ですね。




【素材その1:旧キットジムキャノン】
f:id:yumekichi730:20180419233718j:plain
f:id:yumekichi730:20180419232805j:plain

こちらはすでに30年以上前のキット。MSVはボックスアートも味があっていいですね。中身はまさに昔のガンプラって感じで見事に白一色です。



【素材その2:HGUCジム】
f:id:yumekichi730:20180419232828j:plain

先日レビューをした、HGUCのジムです。シンプルですが非常に出来のよいキットで、今回の改造のベース機となりました。こちらのジムに、キャノン特有の部品を旧キットジムキャノンから持ってきて取り付けていきました。



f:id:yumekichi730:20180419232945j:plain

並べてみるとこんな感じ。
ガンプラの進化を感じます。



合体!!
f:id:yumekichi730:20180419233244j:plain


今回はホワイト・ディンゴのカラーにしたため元の2体どちらとも大きく印象が変わっています。




f:id:yumekichi730:20180420001252j:plain

ちなみに製作中の状態。
カラーリングがまだらなのがミキシング感がでていてこの状態も結構好きです。





機体画像


f:id:yumekichi730:20180420000001j:plain
作ったもの。
ジムキャノン本体、ビームスプレーガン、100mmマシンガン、シールド、小型シールド、ライフル用の握り手(右のみ)、平手(左のみ)。


ホワイト・ディンゴといえば100mmマシやクロー付きの小型シールドなど、いわゆる陸ガン系の武器が特徴でした。



逆にジム系機体ではお馴染みのビームスプレーガンはゲームではDLCでの入手となり、初期の状態では使用することができません。




f:id:yumekichi730:20180420000032j:plain
まずは正面から。
やはりその名前の通りキャノンが特徴的です。また、通常のジムやガンダムのトリコロールカラーもいいですが、落ちついた色合いのホワイト・ディンゴバージョンも中々カッコいいです。



正面から見える部分だと、右胸のキャノン基部及び砲身、股間部分、脚部が旧キットからの移植部分になります。(頭部については別途)




f:id:yumekichi730:20180420000050j:plain
右から。
こちらからだとキャノンで顔が隠れますね。



f:id:yumekichi730:20180420000106j:plain
左から。



f:id:yumekichi730:20180420000128j:plain
後ろから。
キャノンに対応した形状のバックパック、腰にマウントしている予備弾倉は旧キットからの移植。



f:id:yumekichi730:20180420000210j:plain
アップ。
カメラ部のクリアパーツは後ハメ加工。旧キットからの移植部分は後頭部のアンテナと両サイドの丸いモールド。



f:id:yumekichi730:20180420000233j:plain
頭部後ろから。
2本のアンテナの基部になっている部分も旧キットの頭部から移植。サイズがあわないので一度真ん中で切断して幅詰めをしてます。


また後ろのカメラ部分はキットではクリアパーツではないため、透明プラ板+ラピーテープ+クリアカラーでクリアパーツぽく見えるように加工。




f:id:yumekichi730:20180420000251j:plain
肩のホワイト・ディンゴ隊のマークは市販のガンダムデカール「MGジムVer2.0用」についていたものを使用。水転写式で多少の慣れが必要ですが、デカールの余白部分もほとんどなく綺麗な仕上がりになります。今となっては多少レアなアイテムですが、お台場のガンダムベースで普通に購入できました。



また、今回使用したジム用のものはホワイト・ディンゴ隊の他にも、不死身の第4小隊やジャック・ザ・ハロウィン隊などのマークもついていてファンの琴線に触れる内容となっています。




武装・可動・ポーズ

f:id:yumekichi730:20180420000324j:plain
まずは100mmマシンガンと小型シールド。陸戦型ガンダム御用達の武器です。


やはりホワイト・ディンゴ隊といえばこの武装ですね。


f:id:yumekichi730:20180420000435j:plain
ゲームでは出撃前のブリーフィングで選択が可能なノーマルシールドも用意しました。


ホワイト・ディンゴの機体は設定画だとジムやガンダムのような十字の連邦マークのないフラットなシールドになっています。そのためこちらのシールドはHGUCパワードジムからの拝借です。



f:id:yumekichi730:20180420000507j:plain
各シールドと腕部をつなぐ基部のパーツはBD1号機のものを一部加工して流用。こちらを用いて小型シールドと通常シールドを簡単に付け替えられるようになってます。



f:id:yumekichi730:20180420000608j:plain
ダウンロード装備のビーム・スプレーガン。



f:id:yumekichi730:20180420000650j:plain
肩のキャノンは旧キットの可動軸をそのまま活かす形で残しています。



f:id:yumekichi730:20180420000704j:plain
バックパックは旧キットから。バーニアだけはHGUCジムのものを取り付けています。


また、設定通り腰にはキャノンの予備弾倉を装着。


f:id:yumekichi730:20180513211837j:plain
f:id:yumekichi730:20180419232605p:plain


絆の機体画像っぽいイメージで。



その他

続いてベース機となったジムをはじめとした他のキットとの比較などをご紹介していきます。



f:id:yumekichi730:20180420000813j:plain

まずはジムとの並びでこうして並べてみると形状の違うところ(改造をした部分)がよくわかります。


こうして並べているとジムのホワイト・ディンゴ仕様も作りたくなりますね。(基本はカラーリングだけなので簡単だし)



f:id:yumekichi730:20180420000834j:plain

続いて後ろから。
後ろからだとほとんど別の機体ですね。


f:id:yumekichi730:20180513211308j:plain
ガンキャノン先輩(リバイブ版)と。
ジムキャノンは本来ガンキャノンの量産型の位置づけの機体ですが、その名が示している通り部品としてのベースはジム。そのため並べてもあまり"似ている"という印象はないですね。


f:id:yumekichi730:20180420000856j:plain

続いてガンダム先輩(リバイブ版)と。
『コロニーの落ちた地で』では、クリア後に表示されるコードを送るとホワイトベース隊(ガンダム・ガンキャノン・ガンタンク)と戦える特典ディスクが貰えましたね。



f:id:yumekichi730:20180420000914j:plain

うーん、勝てる気がしない。
当時もアムロにはどうやっても勝てなかった思い出。




製作記録や改造点の解説

詳細な製作記録をまとめてアップしましたので、よければこちらもご覧下さい!
www.yumekichi-blog.com


 

おわりに

f:id:yumekichi730:20180420000435j:plain

HGUCジムと旧キットジムキャノンのニコイチによるジムキャノン(ホワイトディンゴ隊仕様)でした。


ゲームの思い出補正もあってホワイトディンゴ系の機体はかなりお気に入りです。機会があればジムや量産型ガンキャノンのホワイトディンゴカラーも作りたいですね。



 



【その他のニコイチ作品】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com

 
 
【写真撮影に使用した背景の簡単作成方法】
www.yumekichi-blog.com
 
 
【製作に使用した道具はこちら】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
 
 
 
【その他のガンプラレビュー】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com



おもちゃ・プラモデル カテゴリーの記事一覧 - ゆめろぐ