ゆめろぐ

ゆめろぐ

仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

HGUC『ブルーディスティニー3号機"EXAM"』<簡単フィニッシュ>




HGUCのブルーディスティニー3号機"EXAM"を、部分塗装・デカール・トップコートだけの簡単フィニッシュで仕上げました。製作期間は通算で1週間程度です。

f:id:yumekichi730:20200203221319j:plain
 

ちなみに元々は改造のためのパーツ取り用として買ったもの(奇しくも劇中の設定と同じ!)でしたが、後にパーツバラ売りの店やパーツ請求などで必要なパーツや2個目の頭部が手に入ったため簡単フィニッシュの練習もかねて組み上げることになりました。

 


目次


ブルーディスティニー3号機(簡単フィニッシュ)


【基本情報】

  • サイズ :1/144
  • 機体番号:RX-79BD-3
  • 機体名称:ブルーディスティニー3号機

 
陸戦型ガンダムをベースにEXAMシステムを搭載した試験機の3号機。
元は1号機と2号機のパーツ取り用の予備機だったが、ニムバスにより強奪された2号機奪還のため、1号機パイロットだったユウ・カジマが搭乗した。

名前はブルーだが、3号機のみ青の塗装はされておらず、ベースの陸戦型ガンダムに近いカラーリングのままになっている。

本キットのブルー3号機はHGUCでは2回目のリリースとなる所謂リバイブ版。


f:id:yumekichi730:20200203221446j:plain

EXAMのオーラ(?)のようなものがカッコいいボックスアート。


f:id:yumekichi730:20200203221515j:plain
作ったもの。
ブルーディスティニー3号機本体、2連ビーム砲、ビーム・ライフル、100mmマシンガン、シールド、平手(左)、バックパック差し換え用パーツ、ビーム・サーベル×2、EXAM発動用の頭部。


基本はキット付属のものそのままですが、EXAM用の二つ目の頭部はパーツバラ売りで入手したものです。キットには頭部は1つしか入ってませんのでご注意下さい。



f:id:yumekichi730:20200203221555j:plain
正面から。
両肩のマーキングはガンダムデカールのTHE BLUE DESTINYから。その他は連邦系の汎用的なものを使用しています。作例等を参考にしてそれっぽくしてます。




f:id:yumekichi730:20200203221640j:plain
ななめから。

シールを使っていないので、胸と膝の黄色三角は部分塗装。腰のフロントアーマーの真ん中の小さいブルーの四角い部分は説明書に従って色を調合して塗装。よく見ると他のブルー部分と微妙に色が違います。


f:id:yumekichi730:20200203221721j:plain
後ろから。
「E.F.F.」のマーキングのデカールは肩と同じくTHE BLUE DESTINY用から。他のガンダムデカールでは「E.F.S.F.」(宇宙軍の意味)が多くて混在させないように注意する必要がありました。

バックパック上部のスラスターの白とグレーは部分塗装。



f:id:yumekichi730:20200203221751j:plain
アップ。
ツインカメラはシルバーの下地にガイアカラーの蛍光グリーンで塗装。おでこのメインカメラは0.2mmの透明プラ板の裏側にラピーテープを貼って、表に蛍光グリーンを塗ったもの。

連邦機体御用達の頭部バルカンも部分塗装。


合わせ目消しをしていないので、背中のバーニア2本の真ん中にはっきりと線がでてしまってます。



f:id:yumekichi730:20200203221809j:plain
ボックスアートぽく。
ビーム・ライフルの照準部分は額のメインカメラと同じく透明プラ板・ラピーテープ・蛍光グリーンで作成。



f:id:yumekichi730:20200203221857j:plain
陸戦型ガンダムの100mmマシンガン。


f:id:yumekichi730:20200203222402j:plain
シールドはジム改やパワードジムに近いフラットなもの。



f:id:yumekichi730:20200203222005j:plain
色々改造に使えそうな2連ビーム砲。
本キットを買った当初の目的はこれでした。


f:id:yumekichi730:20200203222103j:plain
この角度だと腕の内側の合わせ目がバッチリ出ます。


f:id:yumekichi730:20200203222153j:plain
武器用の握り手は付属せず、通常の握り手に武器を差し込む形のため、武器は左右どちらにも持たせられます。武器の両手持ちも可能。


f:id:yumekichi730:20200203222321j:plain
ビームサーベル。
リバイブ版のサーベルはかなり長いイメージ。



EXAM発動形態

 
f:id:yumekichi730:20200203222621j:plain
<EXAMシステム スタンバイ>

エフェクトはPCのペイントで簡単に作ってみました。



f:id:yumekichi730:20200203222807j:plain
EXAM発動状態で正面から。
頭部のツインカメラとメインカメラが赤くなるのは頭部を2つ用意して差し換え式で再現。

また、キットのギミックとして両肩のアーマーを外側に引き出し、脚部のスラスターが差し換えで展開しています。


色が変わるのがおでこと両目だけなので、ジム顔の1号機の方がやはりEXAM発動がはっきりわかります。



f:id:yumekichi730:20200203222859j:plain
アップ。
ツインカメラ、メインカメラともに通常形態の塗装をガイアカラーの蛍光レッドに。



f:id:yumekichi730:20200203223047j:plain
EXAMといえば2刀流のイメージ。
写真はバトオペの2号機のイラストっぽい感じで。


f:id:yumekichi730:20200203223143j:plain
こちらは戦場の絆の2号機のイラストから。



f:id:yumekichi730:20200203223215j:plain
パッケージのポーズ。



f:id:yumekichi730:20200203223254j:plain
シールドは2連ビーム砲に装着することも可能。
ただし、やや重いのでポーズによっては関節が負けます。


f:id:yumekichi730:20200203223407j:plain
バックパックを外して地上戦用の形態に。



f:id:yumekichi730:20200203223520j:plain
その状態で後ろから。
地上用のバックパックは、EXAM発動時は上部のスラスターが差し替えで再現されています。




元々はちゃんと作るつもりはなかったものですが、作ってみると目立つ合わせ目も少なくプロポーションもいい感じの良キットでした。2連ビーム砲は色々なことに使えそうで沢山欲しくなります。

気になった点としては足首か股関節かの問題だと思うのですが、立たせたときの接地性がいまいちな所。中々いい感じに両足を地面につけて立ってくれません。あとあといい加減この手のEXAM系キットは頭部を2つつけるようにしてくれないでしょうかねバンダイさん…。






【簡単フィニッシュで作ったもの】
www.yumekichi-blog.com



【改造で作ったもの】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com

 
 
【写真撮影に使用した背景の簡単作成方法】
www.yumekichi-blog.com
 
 
【製作に使用した道具はこちら】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
 
 


おもちゃ・プラモデル カテゴリーの記事一覧 - ゆめろぐ