ゆめろぐ

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が、仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

HGUC改造でプロトタイプガンダムを作ったよ【ガンプラ】

【プロトタイプガンダム】


今回はキット化されている機体のレビューではなく、市販のものを改造して作った機体を紹介していきます。


機体はMSVより1/144サイズの「プロトタイプガンダム」です。アーケードの某ゲームにおける僕の一番の愛機ということでいつかは作ってやろうと思っていたモビルスーツです。



【製作記録はこちら】
www.yumekichi-blog.com




目次


基本情報&開発素材


【参考画像:プロトタイプガンダム】
f:id:yumekichi730:20170817180726p:plain
出展:戦場の絆公式サイト



【基本情報】

  • サイズ :1/144
  • 機体番号:RX-78-1
  • 機体名称:プロトタイプガンダム

 

プロトタイプガンダムはMSV(モビルスーツバリエーション)にて登場した、試作モビルスーツであるガンダムの1号機。一般的によく知られるトリコロールカラーのいわゆる「ガンダム」は2号機になります。



ちなみにプラモデルとしてのプロトタイプガンダムは、僕が認識している限りにおいて過去2回発売されています。

  • ①白単色の旧キット(1/144)
  • ②通販限定のマスターグレード(1/100)


①は後程写真が出てきますが「ザ・古いキット」といった感じのもの。それはそれで味はありますが、中々最近のものとは並べられる出来ではないです。②は最近のキットで出来も非常に良さそうですが、限定販売な上にサイズが1/100


個人的に好きな1/144のサイズで最近のキット並みのクオリティが欲しかったのですが見事にあちらを立てればこちらが立たず。ということで、最新のHGUCをベースに①の旧キットを使用して自作することにしました。



【素材その1:旧キットプロトタイプガンダム】
f:id:yumekichi730:20170817181000j:plain

前述の①です。こちらはすでに30年以上前のキットです。まさに昔のガンプラって感じですね。前述の参考画像や写真の取説の絵のようにプロトタイプガンダムは黒とグレーを基調にしたカラーリングですが、見事に白一色です。



【素材その2:HGUCガンダム】
f:id:yumekichi730:20170611160705j:plain

先日レビューをした、HGUCのリバイブ版ガンダムです。プロポーション・可動共に非常に出来のよいキットで、形状もほぼ同じということで今回の改造のベース機となりました。




合体!!
f:id:yumekichi730:20170815200845j:plain


こんな感じ。基本はHGUCのガンダムのカラー変更に、プラスでプロトタイプガンダム特有の形状の部分を旧キットからパーツを取って追加する所謂「ニコイチ」*1という手法を用いています。




機体画像


f:id:yumekichi730:20170815200235j:plain
用意したもの。
プロトタイプガンダム本体、専用のビームライフル、シールド、ハイパーバズーカ、ビームサーベル刃×2、ライフル用の握り手(右のみ)、平手(左右)、握り手(左右)、ガンダムハンマー。


基本的にハンマー以外はリバイブ版のガンダムに付いていたものです。



f:id:yumekichi730:20170815200933j:plain
正面から。
うーん、カッコいい。トリコロールのガンダムもいいけど、個人的にはこの黒とグレーを基調にしたカラーリングが非常に好きです。


f:id:yumekichi730:20170815200953j:plain
横から。
横から見ると腕部やビームライフルのガンダムとの形状の違いがわかります。


f:id:yumekichi730:20170815201016j:plain
後ろから。
ここは特に変更なく。もちろんシールドは背中にマウント可能。



f:id:yumekichi730:20170820205720j:plain
アップ。



武装・可動・ポーズ

f:id:yumekichi730:20170815201057j:plain
まずはビームライフル。当然リバイブ版ガンダムの可動は残しているので、様々なポーズが再現可能です。


f:id:yumekichi730:20170815201332j:plain
フォアグリップを握らせての両手撃ちも。ちなみにプロトタイプガンダムのビームライフルは画像やメディアによってフォアグリップがなかったりするのもありますが、今回は見映えも考慮して残しました。


f:id:yumekichi730:20170815201113j:plain
ラスシューぽい感じ?
肩の可動もここまでいけます。


f:id:yumekichi730:20170815201202j:plain
続いてビームサーベル。
戦場の絆ではプロトタイプガンダムは格闘機体のため、こちらの方が主兵装のイメージ。


f:id:yumekichi730:20170815201219j:plain
もちろん二刀流も。


f:id:yumekichi730:20170815201248j:plain
リバイブ版ガンダムのパッケージっぽく。


f:id:yumekichi730:20170815201302j:plain
からの着地。


f:id:yumekichi730:20170815201432j:plain
ハイパーバズーカ。機体色とマッチしてしていい感じです。

あと、プロトタイプガンダムはこのシールドのカラーリングが非常にカッコよくて好きです。


f:id:yumekichi730:20170815201518j:plain
そしてガンダムハンマー。戦場の絆では前述の通り格闘機体のため、ハンマーがメインの射撃武器になっています。


射撃攻撃(投擲)


f:id:yumekichi730:20170815201535j:plain
投げ。
上の方で引用した絆の機体画像っぽいポーズをイメージしています。




ガンダムとの比較

続いて2号機(通常のガンダム)との比較画像です。特に手を加えた部分、形状の異なる部分をご紹介します。


f:id:yumekichi730:20170815201732j:plain
並びで。
形状はほぼ同じですが、カラーリングによってここまで印象が変わるんですね。


f:id:yumekichi730:20170815201831j:plain
うしろから。


【違いその①:腕部】
f:id:yumekichi730:20170815202246j:plain
プロトタイプガンダムは腕の部分に凹みがあります。こちらは旧キットのパーツを丸々流用しています。


【違いその②:腰のホルスター】
f:id:yumekichi730:20170815202313j:plain
プロトタイプガンダムは右の腰にホルスターのようなものが付いています。こちらも同じく旧キットからのパーツ流用です。


【違いその③:アンクルガード】
f:id:yumekichi730:20170815202331j:plain
少し分かりにくいですが、プロトタイプガンダムは足首のアンクルガードに肉抜き穴のようなスリットが入っています。こちらも同じく旧キットパーツを使用しました。


【違いその④:ビームライフル】
f:id:yumekichi730:20170815202402j:plain
ビームライフルの形状が違います。こちらはリバイブ版ガンダムのものをベースに必要な部分を旧キットから切り貼りしています。


f:id:yumekichi730:20170815202453j:plain
ビームライフル単体でもう一枚。上の方がプロトタイプガンダムのものですね。


f:id:yumekichi730:20170820205836j:plain
ガンダム3兄弟!!

ちなみに向かって右のフルアーマーガンダムも旧キットとのニコイチで作っています。こいつだけベースとなったHGUCのガンダムが古いものでありよくよく見直すと直したい部分もかなりあるので、近いうちに近代化改修をしてやりたいと思っています。



製作記録や改造点の解説

詳細な製作記録をまとめてアップしましたので、よければこちらもご覧下さい!

www.yumekichi-blog.com



 

おわりに

f:id:yumekichi730:20170815201555j:plain


ニコイチとはいいつつも大半の部分は色を変えただけのお手軽改造によるプロトタイプガンダムでした。



お台場にガンダムベースもオープンし、手に入る旧キットも増えました。
次は何を作ろうかな!!


 





【写真撮影に使用した背景の簡単作成方法】
www.yumekichi-blog.com


【製作に使用した道具はこちら】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com



【その他のガンプラレビュー】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com



おもちゃ・プラモデル カテゴリーの記事一覧 - ゆめろぐ
 
 
 
 

*1:2つのキットを用いて1つの機体を製作する方法