ゆめろぐ

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が、仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

10分でできる、ブログ用の画像を撮影する際の背景を簡単作成

先日画像を使って買ってきた物をレビューする、というのを始めてやってみました。
対象はスターウォーズのフィギュアベース(要は人形を立たせて飾る台座)です。

【関連記事】
www.yumekichi-blog.com



そこでいざ写真を撮るぞ!となったときに家のどこで取ればいいかわかりませんでした。
家のどこでとっても背景に散らかった感じの生活感が出てしまいしっくり来ませんでした。

というわけで撮影用の簡単背景を作って見ました。簡単に作れて、意外にいい感じの出来だったので紹介してみたいと思います。


目次

かかった時間とお金

時間→40分。(買い物30分+組立10分)

お金→993円。


千円しません!うーん、お手軽!!


材料!

f:id:yumekichi730:20170326215250j:plain

まず背景となるのは紙です。文房具店などで買える大きめの模造紙なら何でもいいと思います。
僕が使ったのはロフトの文具コーナーで売っていた、白上質紙・色上質紙(黒)というものです。

大きさは788mm×1085mmで、白が4枚入りで240円、黒が2枚入りで280円です。
合わせて税込みで561円です。

f:id:yumekichi730:20170326215253j:plain

残りの部品は100均一で購入。

  • 小さい洗濯バサミ
  • 大きい洗濯バサミ
  • 2mmのワイヤー(太い針金) ×2

4品で税込432円です。


ワイヤーは一応二つ買いましたが、一つで充分余るぐらいでした。


作ってみよう!

f:id:yumekichi730:20170326215806j:plain

大小の洗濯バサミ2つずつに、ワイヤーが通せる穴あけを開けます。ちょっと見にくいですが、上の方(手で持つ方)にある丸い小さい穴です。穴は模型用の工具で開けています。

洗濯バサミにワイヤーを通せるような穴が元々開いているタイプならば穴あけの工作は不要です。
というか、僕が使った洗濯バサミも金具が通っている細長い穴に通せばOKでした。
先に気付けよ…( ´△`)

f:id:yumekichi730:20170326215814j:plain

ワイヤーを20cmぐらいの長さに切り、写真のように穴を通して大小の洗濯バサミを1つずつペアで繋げます。

繋げたらワイヤーを結んで円形にします。
この時ワイヤーは少し余裕を持たせておいた方が、使用する際に柔軟に位置を調整できます。

f:id:yumekichi730:20170326215847j:plain

そして小さい方の洗濯バサミで、模造紙の短い方の一辺の左右両端を挟みます。写真の左側は紙がめくれて見えなくなってますが、右側と同じように挟んでいます。


完成!!

f:id:yumekichi730:20170327230422j:plain

あとは大きい方の洗濯バサミを使って程よい高さの物に取り付ければ完成です。
取り付けるものは本棚の端やテーブルや洗面台など、だいたい腰ぐらいの高さのものであれば何でも構いません。
僕は室内干し用の物干しスタンドにしました。

大きい方の洗濯バサミを吸盤つきのフックにして、吸盤で冷蔵庫に取り付けるなんてのもいいかもしれません。

模造紙は写真のような感じで、吊り下げるような形にすれば完成です。
写真のスプレー缶のような感じで、模造紙がずれないように重しを置いています。

模造紙の背景となるタテ部分と、下に敷くヨコ部分の境目は緩やかなカーブを描く形でOKです。


白と黒の背景を用意したので、いくつかのパターンで使用例をご紹介したいと思います。
 
 

使用例をご紹介

 

使用例①フィギュア

f:id:yumekichi730:20170617224630j:plain
f:id:yumekichi730:20170617224646j:plain

先日もレビューしましたダース・ヴェイダーのフィギュアです。上から白背景と黒背景です。

被写体が黒いので背景白の方が映えるかなーと思ってましたが、黒の方がいい感じのようです。

白の方は光の反射のせいか、フィギュアがどうしても暗く写ってしまいました。
撮影の腕の問題という説も…。

使用例② プラモデル

f:id:yumekichi730:20170617224715j:plain
f:id:yumekichi730:20170617224732j:plain

ガンダムです。こちらはダース・ヴェイダーの黒とは反対に、白い系の被写体にしました。
こちらの方は目論見通り、黒の背景の方が被写体の白とのコントラストでいい感じになっています。

使用例③ぬいぐるみ

f:id:yumekichi730:20170617224801j:plain
f:id:yumekichi730:20170617224837j:plain

蒲田に現れた例のあいつです。
こちらは白でも黒でも両方ともおかしな感じはないですね。

黒の方が強そうな感じに、白の方が可愛い感じな印象があります。
あと黒のほうが悪そう。

使用例④製品のレビュー風に

f:id:yumekichi730:20170617224915j:plain
f:id:yumekichi730:20170617224943j:plain

先日買った電気シェーバーの本体と付属品です。
こちらも白黒どちらも違和感はないですが、黒の方がどことなく高級感があります。

使用例⑤お菓子

f:id:yumekichi730:20170617225258j:plain
f:id:yumekichi730:20170617225309j:plain

これも何となく黒の方が100円ぐらい高そうな感じです。

ちなみにこの記事を書きながら写真のポテリッチを食べていますが、これは美味い!久々のあたりお菓子です。


当ブログでの使用例

プラモデルなどのレビュー

www.yumekichi-blog.com

www.yumekichi-blog.com


上記の使用例にも記載しましたが、プラモデルやフィギュアのレビューをする際の背景として使用しています。これらの記事を読んで下さった方からは「背景・下地が綺麗ですね!」といったコメントを頂くこともございます。(ありがとうございます!)
実はこんなに簡単に紙一枚で撮影できているんです!

主張系記事の挿絵に

www.yumekichi-blog.com

www.yumekichi-blog.com


上記の記事はサムネイルからは想像つかないかもしれませんが、かなり真面目なことを述べている記事(のつもり)です。

言葉だけでは説明が難しいときには絵をいれることもありますが、フリー素材だけでは表現の幅が狭い時もありますよね。しかも僕は絵が描けないので、ガンプラの写真を挿絵の代わりにすることにしました。そんな時、背景にテーブルとか冷蔵庫とか映っちゃったらちょっとカッコつかないですよね。


想定できるブログ以外の使い道

実際にコメントを頂きましたが、ヤフオクメルカリ等で出品するものを撮影する時にもいいかもしれません。黒の方の背景を用いれば、テーブル等が映ってしまうよりは高級感が出せるかもしれませんね。


他にも有効そうな使い道がありましたら是非教えていただけたら嬉しいです。



さいごに

以上、ブログ等で使える、簡単に綺麗な写真をとる方法のご紹介でした。


高級感や固い雰囲気を出したい場合は黒、ポップでお手軽な雰囲気なら白というところですかね。

黒は電化製品や高級な文具・オフィス用品、プラモデルも強そうな感じや完成度を盛りたい時なんかはあってると思います。

逆に白はぬいぐるみやお菓子(高級スイーツだと黒かな)なんかがあってるようです。
ただ、白は光の反射の影響が大きいのでその辺注意が必要です。


せっかく作ったので、今後は色々なものの紹介にも挑戦していきたいと思います。





【あわせておすすめ】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com