ゆめろぐ

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が、仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

HGUC アッガイ Ver.GFTを作ったよ【ガンプラ】

【HGUC アッガイ Ver.GFT トリコロールペイント】

ガンプラレビュー第3弾。当ブログではすでに色々なところで登場していますが、改めてアッガイ(Ver.GFT トリコロールペイント)をレビューしたいと思います。


ちなみにこの「Ver.GFT トリコロールペイント」というのは、今は亡きお台場の「ガンダムフロント東京」で限定販売されていた色違いバージョンになります。いわゆる鹵獲カラーというやつですね。
ちなみご存じの方も多いと思いますが、通常のアッガイは、


こんな感じの茶色が主体のカラーリングです。
今回はいつもと一味違ったアッガイをご紹介していきます。


目次


基本情報

  • サイズ :1/144
  • シリーズ:HGUC(ハイグレードユニバーサルセンチュリー)
  • 定価  :2,000円ぐらい
  • 機体名 :MSM-04 アッガイ

初代のガンダムに登場した水陸両用のモビルスーツです。その愛らしい(?)フォルムから、いつの間にかファンの間で萌えキャラとしての地位を確立しています。近年は公式にも関連商品やグッズが販売されており、「アッガイ=萌えキャラ」はオフィシャルのものとなっています。



f:id:yumekichi730:20170620002239j:plain
パッケージ。
左下にガンダムフロント東京のマークも入っており、限定感の漂うパッケージになっています。



f:id:yumekichi730:20170620002256j:plain
内容物。
アッガイ本体、武装交換用の手首×2、08小隊での右腕喪失時を再現できるカバー、腕を伸ばすためのパーツが計6つ。

成型色が違うだけで内容物としては通常版と同じになっています。



f:id:yumekichi730:20170620002655j:plain
正面から。
機体色の白青赤のトリコロール(所謂ガンダムカラー)によって通常版とは大分印象が違います。

この頭が大きく丸みを帯びた子供体型こそが、アッガイが可愛いとされる大きなファクターなんでしょうね。


f:id:yumekichi730:20170620002725j:plain
横から。


f:id:yumekichi730:20170620002747j:plain
後ろから。
ガンダム等に比べて頭部が数倍の大きさになっていますが、下半身の造りもしっかりしているので、立っている時に不安定さは感じません。


f:id:yumekichi730:20170620002831j:plain
アップ。
モノアイ(目玉の部分)とモノアイカバーはクリアパーツ。モノアイはレールに沿って縦180度、横360度に動かすことが可能。赤い口元(?)の部分の保持が弱く、動かしたりしているとポロポロ取れてしまうのが残念。特に取り外す機会もない部分なので、接着してしまってもいいかも。



武装・可動・ポーズ

f:id:yumekichi730:20170620002953j:plain
右手首の部分が武装によって3パターンあって付け替えが可能です。
まずは6連ミサイルランチャー。6つある丸い出っ張りがミサイルの弾頭部分です。そして真ん中はメガ粒子砲の発射口、だと思いますが公式もこのへんの設定がいまいち曖昧。


f:id:yumekichi730:20170620003119j:plain
次はアイアン・ネイル(ツメ)の収納状態。先程ミサイルがあったところがツメの先っちょになっています。真ん中にはバルカン砲の発射口、多分。


f:id:yumekichi730:20170620003218j:plain
そしてアイアン・ネイルを出した状態。6本のツメはそれぞれ独立して動きます。


f:id:yumekichi730:20170620003330j:plain
次は左腕。左は6連ミサイルランチャーのみ。バルカン砲などの発射口はなし。
ただし、手首は左右どちらとも装着できるので色々なバリエーションが再現できそう。


f:id:yumekichi730:20170620003519j:plain
右腕を取り外して付属のカバーをつけることで、08小隊での右腕喪失時も再現可能。カレンの陸ガンの頭部を吹き飛ばし、ジム頭を誕生させたあいつです。


f:id:yumekichi730:20170620003653j:plain
延長パーツを6基すべて装着してみました。片腕に全部つけてしまうと重さで腕を上げたポーズはとれません。


f:id:yumekichi730:20170620003746j:plain
延長パーツを3基だけにしてパッケージアートっぽいポーズ。このくらいなら腕を上げたポーズも取れるので「攻撃の瞬間!」って感じが再現できます。


f:id:yumekichi730:20170620003843j:plain
モノアイを稼働させて振り返りポーズ。
一気に悪い感じの顔に・・・。


「ねぇアッガイこっちむいて。」



あざとさ全開!

f:id:yumekichi730:20170620003942j:plain
お座りポーズ。可動域の関係で、アッガイの代名詞(?)の体育座りはできないのは残念。もうひとつ上のサイズのMGだと体育座りもできるようです。


f:id:yumekichi730:20170620004022j:plain
お座りその2。敵兵どころか虫も殺さなそうです。


f:id:yumekichi730:20170620004048j:plain
イエーイ的な。


その他

f:id:yumekichi730:20170620005520j:plain
恒例のハンマー。一応ツメのがマニピュレーターの役目も兼ねているということで、ギリ持たせることができます。武器として使えるかは疑問ですが。投げれなそう・・・。


f:id:yumekichi730:20170620005604j:plain
同スケール(1/144)のガンダムと。こちらの記事でもネタにした通り、可愛いと言われがちなアッガイですが、同じサイズだとガンダムより一回り大きいです。



まとめ

昨年ガンダムフロント東京に行った際に記念に買ったんですが、当ブログではまさかの大活躍を見せてくれているお気に入りです。

通常版は変わらず大好評発売中ですので、「ペッパー君とかロビィとか憧れるけどそんな高いの買えない!」という方も一家に一台いかがでしょう。



おまけ:新シリーズ、プチッガイ

アッガイを元にした新シリーズとして、「プチッガイ」シリーズが発売されています。通常の1/144モデルの半分ぐらいのサイズで、お値段も500円程度とさらにお求め安くなっています。
 
www.hitoyasumiblog.com


僕が勝手にアッガイフレンドと思っているこちらのブログさまで紹介されているのを見て知ったんですが、テレビの横とかにチョコっと置いとくのもかわいいですね。一家に一台といわず、二台三台と並べて飾りたくなります。





では、今回はこのへんで。

\ばいばい/
f:id:yumekichi730:20170620004135j:plain


 





【写真撮影に使用した背景の簡単作成方法】
www.yumekichi-blog.com


【ガンプラレビュー】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com