ゆめろぐ

ゆめろぐ

仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

ポケモンバンクが無償化。いずれはサービス終了か?【現在わかっていることまとめ】




ポケモンシリーズのオンラインサービスである『ポケモンバンク』の無償化が発表されました。これはニンテンドー3DSシリーズの「ニンテンドーeショップ」サービス終了に伴うもので、ざっくり言うと3DS関連のオンラインサービスが終了の方向に向かっているということです。つまり、単純にサービスがタダになったということではなく、近いうちにポケモンバンク自体のサービスが終了する可能性が高いということがプレイヤーの中で懸念されています。


 
『ポケモンバンク』は3DSにダウンロードして使用可能なサービスで、料金は年間500円(税込)です。ゲーム内のボックスのようにオンラインのボックスにポケモンを預けておけるだけではなく、ポケモンの世代間移動において重要な役割を持つサービスです。


ポケモンの世代間移動のイメージは以下の通り。
中心にポケモンバンクがあり、第五世代以降のポケモンを世代間移動させる際には必ず経由することになっているのが分かると思います。

【世代間移動の方法についての詳細はこちらにまとめています】
www.yumekichi-blog.com
 

 

本記事ではそんなポケモンバンクについて現在発表されている情報・スケジュールを整理し、ポケモンバンクが終了した場合にはどのような影響があるかをまとめています。

 
 
目次


 
 

今後のスケジュール(2022/3時点)

 
まずは現在発表されている内容を整理します。

 
【3DS全体の流れ】
2022年8月30日:ニンテンドーeショップへの残高の追加が終了
2023年3月下旬:ゲーム、追加コンテンツ、アイテム等の販売終了
 
 
【ポケモン関連】
2023年3月下旬:ポケモンバンク利用券の販売を終了し、無償化
  同日   :ポケモンバンク、ポケムーバーの新規DL停止

※ポケモンバンク自体のサービス終了は未定。



2023年3月のニンテンドーeショップでの購入終了に合わせて、ポケモンバンクも利用券(更新含む)が購入できなくなり無償化という流れです。ポケモンバンク自体のサービス終了自体は未定となっていますが、近い将来に終了となる可能性は非常に高いです。無償化と同時に新規DLを終了するため、無償化してから新規に利用開始することは出来ず、あくまで「現在の有償ユーザーがサービス終了までにポケモンの引っ越し等をすませるまでの猶予」といった意味での無償サービスになると思います。


サービス終了時期については、個人的な予想ですが無償化して1年前後がいいところではないかと思います。有償の利用券をぎりぎり2023年3月上旬等に買った人には1年間のサービス提供は必要かと思いますので、最低でも2024年3月ごろまでは続くのではないかと思っています。(この点は完全に私の予想なので、公式から発表があったら情報は更新していきたいと思います)



ポケモンバンクが終了した場合の影響

 
続いてポケモンバンクがサービス終了となった場合の影響ですが、まず一番に考えられるのは預けていたポケモンが引き出せなくなることです。もしかしたら引き出しだけはサービス終了後も多少の猶予期間を持ってくれる可能性はありますが、どのみち最終的には預けていたポケモンも消えてしまう可能性が高いので、大切なポケモンはサービス終了までにゲームソフト側に引き出しておくか、ポケモンホームに移動をさせておく必要があります



また、もう一つとても大きな問題として世代間移動ができなくなるということがあり、この点について数多くのプレイヤー達が懸念をしています。代替の世代間移動サービスを新たに提供してもらえるのなら嬉しいですが、すでに3DS系のハード自体の生産が終了している今、新しくサービスや機能の提供があるとは正直思えません。

ポケモンバンク及びそれに付随するサービスであるポケムーバーが終了するとどうなるかを先ほどの絵に追記してみると以下のようになります。



ポケモンバンクとポケムーバーは第五世代以降の移動には欠かせないものであったため、5世代以降の移動は基本不可能になります。
 

  • 第3~第5世代まではソフトとハードの機能のみで移動が可能
  • 第6世代、第7世代、VC版ソフトは他世代との通信不可
  • 第8世代(Switch)以降作品はポケモンホームで連携する

 


このため現状ではできている「GBAやDSのソフトから昔相棒だったポケモンや伝説・幻等の珍しいポケモンを連れていてSwitchの最新ソフトで活躍させる」と言ったような楽しみ方もできなくなることになります。


また、ポケモンシリーズ通してのやり込み要素の一つである「リボン集め」なども今後は出来なくなる可能性が非常に高いです(最新作で過去リボンの復刻等が無い限り)。私自身も昨年第3世代から8世代までのリボンコンプを数か月かけてやりましたが、しっかりやろうとするとかなり時間がかかるためいつかやろうと思っている人は早めにやっておいた方がいいと思います。



 

サービス終了までに済ませておくべきこと

続いてサービス終了までにやっておくべきことをタイミング別にまとめておこうと思います。

 

【~2022年8月30日まで】

・ニンテンドーeショップへの入金(必要な場合のみ)

2022年8月末で新規の入金ができなくなるため、例えば現在ポケモンバンクを利用中で次の更新が2022年9月から2023年3月までの場合、更新のタイミングで入金できなくなる可能性があります。そうなった場合どうなるのかはまだ不明(無償化するまで使えなくなるのかどうか等)ですが、該当する人は期限までに最低でも500円の更新費用を入金しておいた方がいいかと思います。



【~2023年3月下旬まで】

・ポケモンバンク、ポケムーバーのダウンロード

2023年3月下旬の段階ですでにサービス利用中の場合は無償サービスに移行するだけのようですが、新たにポケモンバンクをダウンロードしてサービス終了までに過去作からポケモンを送っておきたい人等は2023年3月下旬までのタイミングでポケモンバンク及びポケムーバーを有償でダウンロードしておく必要があります。



【~サービス終了まで(時期未定)】

・ポケモンバンク内に預けているポケモンを移動させておく
・世代間移動させたいポケモンの移動を済ませておく
 
 
時期は未定ですがサービス終了するとバンク内のポケモンは消えてしまい世代間移動はできなくなる可能性が高いため、終了までにバンク内のポケモンの避難とやっておきたい世代間移動はすませておく必要があると思います。

特に既にポケモンバンクに多くのポケモンを預けているような人は、どのポケモンを3DSソフトに残してどのポケモンをポケモンホームに送るのかの判断は早めに考えておいた方がいいと思います。現状まだ第8世代ソフトには連れて行けずポケモンホームに送ってもポケモンホームに預けたままにしておくしかないポケモンも存在するため、中々難しい所ではあると思いますが・・・。




まとめ

 
ポケモンバンクの無償化に向けてわかっている情報をまとめました。間違いや他にやっておいた方がいいことなどがありましたらコメント等で指摘していただけると助かります。


私自身ポケモンバンクは利用していていまだに多くの思い入れのあるポケモンや限定の幻ポケモンを預けています。サービス終了は遠くないうちに必ず来ると思いますので、自分自身見落とさないためにも引き続き情報をウォッチして情報は更新していきたいと思います。



【参考:ポケモンバンク公式サイト】
www.pokemon.co.jp



www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com