ゆめろぐ

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が、仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

ポケモンの世代間移動の方法と条件まとめ【GBAから3DSまで】

昨年からのポケモンGOブームを受けてこれからポケモンを始めてみたいと思った方向けに、先日おすすめソフトのご紹介記事を書きました。


ポケモンを今から始めたい人におすすめなソフトを考えてみた - ゆめろぐ



その中で"ポケモンの世代間の移動"を1つのポイントとして上げました。これは端的に言えば「昔のソフトで育てたポケモンやレアなポケモンなどを、新しいソフトに連れていける」という機能です。昔からのファンやキャラクターへの愛着を大事にする、非常にユーザーフレンドリーな素晴らしい機能だと思っています。



ただ問題はやり方が非常にわかりにくい。どの世代から動かすかによっても機能や必要な物が違います。


僕も最近久々にやって色々調べてみたんですがはじめのうちは「ググれと言われてもググってもよくわからん」というのが本音でした。せっかく色々調べたので、今回はポケモンの世代間移動についてまとめておきたいと思います。





目次


ポケモンの"世代"とは?

まず始めに「世代」とは何かということからご説明しますが、端的にいうと「本編の何作品目か」による分類で、世代が変わると登場するポケモン・動作するハード環境などが変わり、通信交換や対戦ができるのも同じ世代同士のみとなります。


各世代についての説明と対応のソフトについては、こちらで詳しく書いてますので併せてご覧ください。


www.yumekichi-blog.com





世代間移動の前提条件

世代間移動の大前提として以下のような条件があることを理解しておく必要があります。

  • 第三世代以降が対象(第二以前は互換切れ)
  • 世代を飛ばしての移動はできず、1つづつ移動する必要がある(第六は除く)
  • 旧→新の一方通行にしか遅れない。世代を遡ることはできず、一度送ると戻せない。
  • 交換ではないので、交換が条件の進化(ゲンガー等)はない。
  • 送ったポケモンの「おや」は発信元のままなので、名前を変えることはできず、取得経験値は多くなる。
  • 各世代毎に移動の仕組みや条件が異なる。

世代間移動の方法や条件

全体のイメージ

f:id:yumekichi730:20170809211047j:plain


前述の条件も踏まえてまとめるとこの図のような感じになります。一つ一つ段階を踏む必要があり、それぞれ手段が異なることがわかるかと思います。


次から各世代間の移動手段について詳細にご紹介します。


①第三→第四「パルパーク」

【概要】
第三世代がゲームボーイアドバンスのカセットのため、DSのダブルスロット機能を使ってポケモンを移動させる。最新の3DSでは使用できないが、ダブルスロットのDSさえあればハードは1台ですむ。

つれてくるには第四世代の「パルパーク」という施設でサファリゾーンのようなミニゲームをクリアする必要がある。


【準備と条件】
<用意するもの>

  • 第三世代のソフト(発信元)
  • 第四世代のソフト(送信先)
  • ダブルスロット機能のあるDS×1台


<第三世代(発信元)>

  • 送るポケモンは一度に6匹。1匹しか送りたくなくても頭数は揃える必要がある。
  • 送る6匹はボックスに預けておく(手持ち不可)
  • 「ひでんわざ」を覚えていると送れないので忘れさせておく必要がある。
  • 道具は持たせてOK。ポケモンと一緒に持っていくことが可能。
  • ボックスが使えて送るポケモン6匹を用意できればシナリオ進行度は問わない。


<第四世代(送信先)>

  • 「ダイヤモンド」「パール」「プラチナ」の場合は221番道路、「ハートゴールド」「ソウルシルバー」の場合はセキチクシティにあるパルパークに到達している。
  • 全国図鑑を入手している。


【送り方】

  • ダブルスロット機能のあるDSに第三・第四の両ソフトをセットする。
  • 第四のソフトを起動し、タイトル画面で「○○からつれてくる」を選択。第三側のボックスが表示されるので画面の指示通りに送るポケモンを選択し一旦終了となる(この段階では未完)。
  • 第四でパルパークに行くと、サファリゾーンのようなミニゲームで送った6匹を捕まえられるようになる。
  • ミニゲームで6匹を捕まえるとボックスに送られ晴れて移動完了。


※その他注意点

  • 「ダイヤモンド」「パール」「プラチナ」では一度送ると同じソフト(第三世代)からは24時間送ることができない。

②第四→第五「ポケシフター」

【概要】
2台のDSを用意し、ワイヤレス通信を使ってポケモンを移動させる。パルパークから引き続き、誰得なミニゲームをいちいちクリアしないと送れない。今回のミニゲームは動き回るポケモンに、弓のような道具でボールをあてて捕まえる。


【準備と条件】
<用意するもの>

  • 第四世代のソフト(発信元)
  • 第五世代のソフト(送信先)
  • DS系のハード(3DS可)×2台


<第四世代(発信元)>

  • 送るポケモンは最大で6匹。ただし、1匹しか送りたくなくても頭数6匹は揃える必要がある。後述のミニゲームのやり方により1~5匹のみ送ることも可能。
  • 送る6匹はボックスに預けておく(手持ち不可)
  • 「ひでんわざ」を覚えていると送れないので忘れさせておく必要がある。
  • 道具は送れない。持たせている場合は自動的に第四側のバッグに戻る。
  • ボックスが使えて送るポケモン6匹を用意できればシナリオ進行度は問わない。
  • ギザミミピチュー(限定配信・現在入手不可)は送れない。


<第五世代(送信先)>

  • 殿堂入りし、15番道路にあるシフトファクトリーに到達している。
  • ボックスに6匹以上のあきがある。


【送り方】

  • 第五側でシフトファクトリー行き、画面の指示にしたがって進めるとダウンロードプレイが開始される。
  • 第四のソフトがささったDSを起動し、ダウンロードプレイを選択。
  • 第四側ハードにポケシフターのミニゲームがダウンロードされ、送る6匹を選んだらミニゲーム開始。
  • 6匹すべてにボールをあてて捕まえるとミニゲーム終了。第五側のボックスに送られる。
  • ちなみにこのとき6匹すべてを捕まえずに時間切れまで待つと捕まえたポケモンのみを送れる。捕まえずに終ったポケモンは第四に残る。3匹しか送りたくない時などはこの手段を用いる。

③第五→第六・七「ポケモンバンク、ポケムーバー」

【概要】
第五以降の移動はこれまでと少し違って、ソフトの機能ではなく「ポケモンバンク」というオンラインのサービスを利用する。「ポケモンバンク」はネット上のボックスに最大で3000匹までを預けることができる有償のサービス(年額500円)で、ポケモン版のオンラインストレージのようなもの。


「ポケモンバンク」のサービス自体は第六・第七世代専用となり、第五から送る際には「ポケムーバー」が併せて必要。


「ポケムーバーは」ポケモンバンクに付随するアプリで、ポケモンバンクを登録していれば無料でダウンロードでき、第五世代のポケモンをポケモンバンクに送る際に使用する。


【準備と条件】
<用意するもの>

  • 第五世代のソフト(発信元)
  • 第六or第七世代のソフト(送信先)
  • 3DS×1台
  • インターネット環境


<第五世代(発信元)>

  • 送るポケモンをボックス1に入れておく。転送はボックス1の中身すべてのため、送りたくないポケモンは別のボックスに移しておく。
  • 道具は送れない。持たせている場合は自動的に第五側のバッグに戻る。
  • 「ひでんわざ」を覚えていても転送可能

<第六・第七世代(送信先)>

  • 3DSをインターネットに接続できるようにしておく。
  • 3DSに「ポケモンバンク」「ポケムーバー」のアプリをダウンロードする。
  • 「ポケモンバンク」に送信先のソフトを登録しておく。


【送り方】

  • 3DSに第五のソフトをセットし、「ポケムーバー」を起動。
  • 画面の指示通りにボックス1のポケモンを「ポケモンバンク」に移動する。ここで一旦終了。
  • 送信先のソフトに入れ換えて「ポケモンバンク」を起動。先ほど送られたポケモンが一時的に「てんそうボックス」に置かれているので、ポケモンバンクのボックス内に写すと、第六or第七世代のソフトにポケモンを引き出せるようになる。


【ポイント】

  • 仮に第五世代から最新の第七世代にポケモンを送りたい場合、上記の手順でポケモンバンクに移した後で第七世代のソフトから引き出せばよい。そのため、第六世代のソフトを用意する必要はない。
  • ただし、世代を遡れないルールはここでも同じため、一度でも第七世代のソフトで引き出してしまうと、ポケモンバンクに預け直しても第六世代のソフトには送れないので注意。

④第六→第七「ポケモンバンク」

【概要】
上記のポケモンバンクを利用する。第六のソフトから預けて、第七のソフトで引き出すだけなので一番わかりやすい。


ただしここでも「世代は遡れない」というルールは健在のため、一度でも第七世代のソフトに送ってしまうともう第六世代のソフトには送れなくなるので注意。



【準備と条件】
<用意するもの>

  • 第六世代のソフト(発信元)
  • 第七世代のソフト(送信先)
  • 「ポケモンバンク」がダウンロードされた3DS×1台
  • インターネット環境


【送り方】

  • 第六世代のソフト(発信元)のソフトをセットしてポケモンバンクを起動し、ポケモンを預ける。
  • 第七世代のソフト(送信先)に差し替えてポケモンバンクを起動し、ポケモンを引き出す。


【ポイント】

  • 一度でも第七世代で引き出してしまうと、再びポケモンバンクに預け直しても、第六世代のソフトには送れなくなっているので注意。

⑤VC版ソフト→第七「ポケモンバンク、ポケムーバー」

【概要】
第五からの移動と同じで、「ポケムーバー」の機能を利用して「ポケモンバンク」に一旦預ける形で送る。ただし第五からの移動とは違い、VC版からポケモンバンクに預けたポケモンは第七世代のソフトでしか引き出せない。


発信元の対象はVC(バーチャルコンソール)版の初代ポケモン「赤」「緑」「青」「ピカチュウ」。当然ながらカセット版からは送ることができない。


また、9月22日に発売したVC版「金」「銀」も同様に送ることができるようになる予定。(2017年冬の対応予定)


【準備と条件】
<用意するもの>

  • 「ポケモンバンク」「ポケムーバー」「発信元のVC版ソフト」がダウンロードされた3DS×1台
  • 第七世代のソフト(送信先)
  • インターネット環境


<VC版ソフト(発信元)>

  • 送るポケモンをボックス1に入れておく。転送はボックス1の中身すべてのため、送りたくないポケモンは別のボックスに移しておく。
  • 「ひでんわざ」を覚えていても転送可能

<第七世代(送信先)>

  • 3DSに「ポケモンバンク」「ポケムーバー」のアプリをダウンロードする。
  • 「ポケモンバンク」に送信先のソフトを登録しておく。


【送り方】

  • 「ポケムーバー」を起動。
  • 画面の指示通りにボックス1のポケモンを「ポケモンバンク」に移動する。ここで一旦終了。
  • 送信先のソフトに入れ換えて「ポケモンバンク」を起動。先ほど送られたポケモンが一時的に「てんそうボックス」に置かれているので、ポケモンバンクのボックス内に移すと、第七世代のソフトにポケモンを引き出せるようになる。


【ポイント】

  • 第五世代からの転送と違い、VC版からポケモンバンクに預けたポケモンは、第七世代のソフトでしか引き出せない。

おわりに


もう一度イメージ図を貼っておきます。


f:id:yumekichi730:20170809211047j:plain



ご覧頂いた通りかなり複雑で、すべてを把握するのは中々大変です。僕の場合は結局一つ一つ個別に調べたのですが、やり方がすべてまとまっているといいなあと常々感じていました。せっかく自分で調べたのでこの記事にまとめた次第です。


一応ほとんどは自分でもやっているので間違いはないと思っていますが、なにか細かい間違いや漏れなどがありましたらコメント頂けると助かります。






 
 



【関連記事です】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com




ポケモン カテゴリーの記事一覧 - ゆめろぐ