ゆめろぐ

ゆめろぐ

仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

BANDAIプラモデル「R2-D2」をお手軽工作で発光させてみた




f:id:yumekichi730:20200512165445j:plain
 
BANDAIさんから発売しているスターウォーズシリーズのプラモデルから、R2-D2を簡単工作で発光ギミックを仕込んでみました。お手軽にできるのでおススメです。


f:id:yumekichi730:20200512165521j:plain
 
製品はこちらのR2-D2 & R5-D4セットになっているものを使用。R5-D4はEP4の序盤でルーク・スカイウォーカーが最初に買おうとした方のドロイド。しかしモチベ―ターの故障により代わりに購入されたのがR2-D2である。ということで言ってしまえばR5は端役も端役のため、中々渋い組み合わせです。形状が近くて金型流用しやすいからかな。


本音はBB-8とセットになっているのが欲しかったのですが売っていなかったので・・・。BBも別の機会に作りたいと思います。






目次


工作

f:id:yumekichi730:20200512165801j:plain
 
光源はお馴染みのミライトの316R(赤色)を使用。
付属している透明なゴムのような部品も接続に使用するので、ちょうどいい感じの長さに切っておきます。




f:id:yumekichi730:20200512170555j:plain

まずはR2の頭部のセンサー部分(光らせる所)にピンバイスで穴を開け、ガンプラか何かから透明なランナーのちょうどいい太さの円柱になっている所を切り出してきて差し込みます。断面はデザインナイフ等で綺麗にします。


f:id:yumekichi730:20200512171221j:plain

裏側から見るとこんな感じ。透明なランナーはミライトを取り付けられるように少し長めにしておきます。


f:id:yumekichi730:20200512171453j:plain
 
後はランナーにミライト付属のゴム部品を使ってくっつけるだけ。
工作はこれだけです。


f:id:yumekichi730:20200512171645j:plain

元々頭部のパーツには空洞があるので特に削ったりする必要もなく取り付けられます。
完成後は頭部を取り外せば、この状態で発光のオンオフが可能です。


f:id:yumekichi730:20200512173245j:plain

光らせてみるとこんな感じ。
透明ランナーもいい感じに光を伝えてくれてます。


f:id:yumekichi730:20200512173349j:plain
 
ちなみに取り付けの際は光が他に漏れないように、接続のゴムの周りにテープを貼っています。
写真は「マスキングテープ巻いて上からマジックで黒く塗る⇒さらに上からマスキングテープをもう一周」していますが、いい感じに光が漏れないようになってくれました。




完成写真:R2-D2

f:id:yumekichi730:20200512174057j:plain

ということでまずは発光状態で正面から。
スミ入れ+クリアカラーやガンダムマーカーでの部分塗装をしています。また、キット付属の水転写デカールが使える部分はそっちを使用。

黒い台座はキット付属の物。


f:id:yumekichi730:20200512175206j:plain

ナナメから。


f:id:yumekichi730:20200512175256j:plain

後ろから。
黄色と緑の部分はシルバーを下地にして上からクリアーカラーを塗っています。


f:id:yumekichi730:20200512175559j:plain

続いて三本足状態。


f:id:yumekichi730:20200512175805j:plain

こちらは斜めからの方が絵になります。


f:id:yumekichi730:20200512175836j:plain

後ろから。



f:id:yumekichi730:20200512175910j:plain

部屋を暗くした状態で撮影。
肉眼で見ると結構カッコイイ感じになってましたが、残念ながら撮影のスキルが足りないです・・・。


f:id:yumekichi730:20200512180012j:plain

同じシリーズのC-3POと。
台座は裏側で接続して並べて飾れるようになってます。
3POの方はゴールドのメッキが豪華な感じを出しています。この2人のセットもあったはずですが残念ながら売っていなかったので別々に購入。




f:id:yumekichi730:20200512180135j:plain

付属のR5-D4と。
形状の違いは頭部のみで、胴体は同じ形の色違いです。



f:id:yumekichi730:20200512180511j:plain

続いて発光無しの状態。
センサー部分は前述の通り透明のランナーですが奥の方に取り付けてあるミライトのレンズの赤色がぼんやりと見えています。図らずもセンサーが発光していない状態の時のやや煤けた感じの色になってくれました。


f:id:yumekichi730:20200512180847j:plain

真横から。


f:id:yumekichi730:20200512180917j:plain

同じく発光無しの3本足状態。


f:id:yumekichi730:20200512180952j:plain

ナナメから。


f:id:yumekichi730:20200512181020j:plain

真横から。


f:id:yumekichi730:20200512181041j:plain

発光無しでR5と。




完成写真:R5-D4

f:id:yumekichi730:20200512181243j:plain

続いてR5-D4。
こちらはパチ組+スミ入れ+部分塗装+添付デカールのみで仕上げています。


f:id:yumekichi730:20200512181407j:plain

横から。
頭部の赤いラインは添付のデカールで再現されています。


f:id:yumekichi730:20200512181453j:plain

後ろから。
胴体の赤い部分三か所もデカール。


f:id:yumekichi730:20200512181534j:plain

三本足。


f:id:yumekichi730:20200512181555j:plain

ナナメから。


f:id:yumekichi730:20200512181610j:plain

真横から。



f:id:yumekichi730:20200512181711j:plain

後ろ。



最後に

f:id:yumekichi730:20200512181741j:plain

と言うことでR2-D2&R5-D4セットに発光ギミックを組み込んでみたレビューでした。

さすがのバンダイのプラモデルと言うことで、造形の出来もよく塗装をしなくても成型色とデカールでほとんど劇中に近い仕上がりになる良キットです。普通のシールもついているので、水転写デカールに自信の無い方も安心だと思います。


ミライトも最近では家電量販店等でも簡単に手に入りますし、比較的簡単な工作でいい感じになるので、作る際は発光にもチャレンジされてみてはいかがでしょうか。



なお、キットには胴体や頭部からでてくる各種アームやアンテナ・スコープなども付属していますが、単色成型で塗装が大変そうだったので今のところノータッチです(笑)。