ゆめろぐ

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が、仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

VRゴーグルのヘッドバンドを自作したよ【カンタン工作】

ここ数年なにかと話題のVR。新し物が好きな僕もVRは今後の活用が色々と楽しみです。


VRゴーグルといえば他の機器と連動して映像を映したり音声も出せる数万円のものから、本体は厚紙とレンズだけで別途VR用の映像を映したスマホなどを装着する必要のある簡易なものまであります。簡易なものは数百円だったり、無料で貰えたりしますね。


【うちのはこれ】
f:id:yumekichi730:20170703231029j:plain

 
ドコモショップで無料で貰ったもので、厚紙とレンズだけでできていて、頭に装着するためのベルト類もついていません。
長らく使わずにホコリを被ってましたが、先日はじめて使用する機会ができました。

 
www.yumekichi-blog.com


お家の中で遊べる小型ドローンを買ったらめちゃくちゃ楽しかったよ!という記事です。このドローンが優れもので、本体にWEBカメラがついていてスマホでリアルタイムに映像を見ることができます。


さらに、「VRモード」というものがあって、VRゴーグルを使えば実際に乗り込んで操縦してるかのような感覚で楽しむことができます。



しかし一点困ったことにうちのVRゴーグルは、見ていただいた通りヘッドバンドがついていないので、両手で操縦しながらVR映像を楽しむことができません。新しく買うのももったいないし…。




「無いなら作っちゃおう!」ということで、100均の道具をつかって自作してみました。





【簡単工作シリーズの第一弾!】
※今回の記事の写真もこちらのカンタン背景を使って撮影しています。よければ併せてどうぞ!
www.yumekichi-blog.com



目次


材料!

f:id:yumekichi730:20170703231058j:plain

100円均一のダイソーで買ってきました。購入品は以下の4点。

  • ゴムバンド2本セット×2つ
  • ビニールテープ
  • プチブロックの三毛猫(息抜き用)

合計費用:432円(税込)


今回のメインとなるゴムバンドは2本セットで販売されています。頭に巻くには1本が短いため2セット、都合4本用意しています。
素材は伸び縮みするゴム(これ重要)で、両端には着け外し可能なマジックテープがついています。中学生とかが持ってる財布についてるあれですね。僕は大学入る頃までこれでした。



支払いは任せろー バリバリ


やめて!



ビニールテープは少ししか使わないので、おうちに有れば新しく買う必要はないです。
ちなみにその他の工具はカッターを使用しますので、お持ちでなければ100均で一緒に買ってしまってもいいですね。


小さいレゴブロックのような猫ちゃんは息抜き用です。他にも犬とか乗り物とかたくさんありましたが、すべて100円で一つ一つが中々のボリュームですので、500円分ぐらい買ってくれば色々なものが作れそうです。



作ってみよう!!

ステップ1:横のバンド

f:id:yumekichi730:20170703231333j:plain

バンド2本をマジックテープで繋げた状態です。2本で大きなわっかを作ったと思ってください。最終的にこの大きなわっかを2つ(バンド4本分)使います。


これでVRゴーグルを頭に装着できるようにします。


f:id:yumekichi730:20170703231438j:plain

まずはゴーグルの両サイド、耳の位置にくるあたりに、バンドを通す穴をあけます。はじめにバンドの太さから辺りをつけてペンなどでマーキングしておくと楽になります。


f:id:yumekichi730:20170703231507j:plain

マークにそってカッターで穴をあけます。指を切らないように気を付けましょうね。


余談ですが、写真に写っているのは僕愛用のタミヤ製デザインナイフ(要はプラモ用のカッコつけたカッター)です。今回の工作は当然普通のカッターで十分ですが、使い勝手・切れ味共にプラモを作る人にはおすすめの品です。余談でした。


f:id:yumekichi730:20170703231541j:plain

バンドが擦れて厚紙が傷まないように、ビニールテープで補強します。縦方向と横方向(あけた穴をくぐる形)の両方に貼っとくといいと思います。


ここまでを左右両方に行います。


f:id:yumekichi730:20170703231609j:plain

左右の穴にバンドをに通して、マジックテープで円形にしたら第一段階完成です。


僕が使ったバンドはマジックテープの部分が左右併せて10cm以上あったので、マジックテープを貼る位置でバンドの長さを調節できます。



正直これだけでも装着できるんですが、スマホを入れると重さで段々落ちてきてしまいます。めっちゃ鼻が高い人ならこれでも十分かもですね。


ステップ2:縦のバンド

f:id:yumekichi730:20170703231654j:plain

頭頂部分にも同じように穴をあけます。今回は天辺の1ヶ所のみでオーケーです。


f:id:yumekichi730:20170703231721j:plain

ビニールテープで同じように補強します。

ひとやすみ

f:id:yumekichi730:20170703231753j:plain

猫ちゃんブロックを開封。ピース数も多くて中々しっかりしたものです。ピースが細かくて地味に大変でした。


完成!!!

f:id:yumekichi730:20170703231901j:plain

横と同じように、バンド2本を直列繋ぎして、頭頂部の穴と横のバンドに通して繋げたら完成です。



横と違って、縦はあまり長さを変える必要がないと思ったので、ちょうどいい長さにしてビニールテープでとめちゃいました。


f:id:yumekichi730:20170703232006j:plain

猫ちゃんも完成。


f:id:yumekichi730:20170703232216j:plain

前から。
それにしてもこのVRゴーグル、正面の部分にdTVイメージキャラクターのメンドーサさんの顔が来ているので、これを装着した人を端から見たら中々シュールな映像になりそうです。


外では使えないですね。


f:id:yumekichi730:20170703232239j:plain

人間の頭部サイズのものに装着してみました。今回のモデルさんはIKEAで買ったクッションです。


ちなみに猫ちゃんは首を横にしてもいい感じです。


所要時間、コストまとめ

今回の工作にかけた時間とコストは以下の通りです。


【所要時間】

30分

(ゴーグル15分、猫15分)



【かかったお金】

432円

(うち108円が猫)



うーん、お手軽!所要時間の半分が猫です。買い物の時に犬も買うか迷いましたが、1つにしておいて正解だったようです。



さいごに

今回は「ヘッドバンドついてないVRゴーグルのためのヘッドバンド取り付け工作」と、かなり需要の薄そうな内容となりました。
猫のレビューでもしといた方がウケた疑惑



ただ1つ言えることは、工作って楽しい!!





工作する人には100円均一は魔法の国です。
バンドなしVRゴーグルにお困りの方(いるのか?)、100均素材のカンタン工作でよきVRライフを!!


おしまい。





【簡単工作シリーズの第一弾!】
※今回の記事の写真もこちらのカンタン背景を使って撮影しています。よければ併せてどうぞ!
www.yumekichi-blog.com