ゆめろぐ

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が、仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

メディアやネットでの印象操作についてわかりやすく図解する

マスコミやインターネットなどのメディアにおいて、様々な印象操作が行われていると話題になることがあります。
今回はそんな印象操作が行われた身近な事例を元に、わかりやすく解説をしてみたいと思います。


ちなみに印象操作の事例として扱うのは、何を隠そうこの「ゆめろぐ」の過去の記事です。


目次


印象操作の事例記事

該当の記事はこちら。

www.yumekichi-blog.com



お時間があれば是非読んでみて頂きたいですが、ざっくり言うと、


「たたんだ傘を逆手にもって腕を振ると、後ろの子供の顔に当たって危ないよ」


という内容です。それをガンダムのプラモデルを使って、視覚的にも分かりやすいように書いたつもりです。ありがたいことに多くの皆様に共感やコメントを頂きました



【こんな感じ】
f:id:yumekichi730:20170517202629j:plain


向かって左にいるガンダム傘を持つ大人です。


右にいるのがアッガイと言って、これまたガンダムに登場するメカです。傘の危険な持ち方をする人の後ろをたまたま歩いていた子供の役で、ガンダムと並ぶと背丈もぴったり大人と子供です。


こちらの記事を書いたときに、コメントやTwitter等で「アッガイがかわいい!」というコメントをいくつか頂きました。

 
\ぼく?/
f:id:yumekichi730:20170515220419j:plain


印象操作の経緯

アッガイは、かわいい

その愛嬌ある独特の姿から、後年では「癒しキャラクター」「萌えキャラクター」としても認知され、それに準じた関連商品も発売されている。
 
アッガイ - Wikipedia


Wikipediaでもこのように書かれているように、もはやアッガイはガンダムファンのみならず一般においても、最萌えモビルスーツの地位を確立しています。アッガイかわいいよ。
公式においても関連商品やグッズ展開などがされており、アッガイを萌えキャラとして扱うのはオフィシャルでも取り入れられているようです。


【こんなの】


f:id:yumekichi730:20170515220449j:plain

その大きさや体格から、ガンダムと並ぶと、見事に大人と子供のように見えます。僕もそれを狙って上記の記事ではこの2体を再現画像作成のためにチョイスしました。頂いた反応からしても、概ね成功だったと感じています。



しかし、記事の中で1つ、読んでくださった方に意図的に提示していない情報があります。



それは、この2体の縮尺の違いです。




プラモデルの縮尺という問題

ガンダムにしてもアッガイにしても、元々のアニメでは人間が乗り込んで戦う巨大ロボット(ガンダム世界ではモビルスーツ)です。
プラモデルになる際は規定の縮尺に沿ったサイズで販売されるわけですが、バンダイのガンダムプラモデルの場合、代表的なサイズは小さい方から以下の3つです。

  • 1/144→小さめ。手軽。1000円ぐらい~
  • 1/100→やや大きめ。中級者向け。5000円前後。
  • 1/60→大きい。上級者向け。10000円以上。


そして、今回利用した2体のサイズは以下の通りです。

f:id:yumekichi730:20170515222222j:plain

ガンダムは1/100なのに対し、アッガイは1/144です。つまり、ガンダムの方が元々大きいサイズの縮尺ということです。

同じ縮尺のガンダムとアッガイを並べるとこのようになります。

f:id:yumekichi730:20170515222301j:plain

同じサイズで並べるとこうなります。


そう、アッガイはガンダムよりもでかいんです。



※最初に登場したガンダムと微妙に色や形が異なっていますが、手元に1/144スケールのガンダムが無かったため、代役として身長体重が全く同じ設定のガンダムっぽいやつ*1で撮影をしています。


アッガイは、でかい

ガンダム

  • 全長:18m
  • 重量:43.4t

アッガイ

  • 全長:19.2m (諸説アリ)*2
  • 重量:91.6t


数値を見ていただければ一目瞭然ですが、アッガイの方がガンダムよりも背も高く、重量は倍以上となっています。


ここで仮にガンダムを身長171cm、体重66kgの成人男性*3だとします。上記の全長重量の比率を元に、アッガイも人間だったとしたときの身長体重はだいたい以下のようになります。


ガンダム(擬人化)

  • 身長:171cm
  • 体重:66kg

アッガイ(擬人化)

  • 身長:183cm
  • 体重:140kg




身長183cm体重140kgのひと

身長183cm体重140kgというと一般人からしたら相当の巨漢です。同じぐらいのサイズのアスリートがいないものか調べてみました。すべてWikipedia調べの数値です。
大きいアスリートとしてまず最初に思い浮かんだのはラガーマンです。

 
アッガイ(擬人化)

  • 身長:183cm
  • 体重:140kg

五郎丸歩選手

  • 身長:185cm
  • 体重:100kg


2015年ワールドカップでの活躍も記憶に新しい、ラグビー日本代表、ジャパンの五郎丸選手です。
身長こそ五郎丸選手の方がやや高いですが、体重は一回り以上アッガイの方が重いです。


次はお相撲さんを調べてみたところ、アッガイはだいたい軽量力士並みの大きさとなることがわかりました。

 
【サイズが違うとこう】
f:id:yumekichi730:20170515230535j:plain
 
【同じサイズだとこう】
f:id:yumekichi730:20170515230551j:plain


かなり印象違うでしょ??
夜道で後ろから力士並みの体格でこの形状の人(?)がビール瓶もって追いかけてきたら気絶する・・・。
死んでも傘なんてぶつけられませんね。


印象操作の話に戻る

冒頭ご紹介した傘の記事でも僕は嘘を言ってません
 
ただ、「実際のサイズ」「プラモデルの縮尺」を意図的に黙っていただけです。あとは隣に置いたガンダムのサイズによって印象にこれだけの違いがでています。ただそれだけですが、


「アッガイが小さくてマスコットキャラクターみたい、子供みたい、かわいい!」


と思った人に対しては見事に印象操作成功したと言っていいでしょう。



ちなみに騙されないですむ方法は以下の2つしかありません。

  • 元々サイズを知っている。
  • 記事を見た後自分で調べてみる。


まあアッガイのサイズを正しく認識しているか否かで人生左右されることは100%ないでしょうが(そりゃそうだ)、これはあくまで例えです。




グラフの目盛りの表記の仕方、地図の縮尺の仕方、アンケートの結果の伝え方…etc。ニュース、書籍、ネットなどのメディアでこのような、「嘘はついてないけど都合のいい伝えかたをしてる」例は溢れかえっています。


対象について元々深い知識があればよいですが、常にそうとは限りません。
そうであれば、やはり気になる事は自分の手で調べてみるしかありません。




情報過多な世の中、本質を見る眼力を養っていきたいものです。




\ばいばい/
f:id:yumekichi730:20170515230646j:plain


アッガイやっぱりかわいいよな。


※本記事はアッガイの人気・名声・可愛さを損なわせる意図はございません。



【今回撮影に協力してくれた子たち】

【写真撮影に使用した背景の簡単作成方法】
www.yumekichi-blog.com

【いつかバンダイさんに怒られそうな関連記事はこちら】
www.yumekichi-blog.com

*1:局地型ガンダム

*2:17mという資料もあるがプラモのガンダムとの体格差から19.2mを採用

*3:20代、30代男性の平均から仮定