ゆめろぐ

ゆめろぐ

仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』感想!ジェダイになれる夢のゲーム




2019年11月15日に発売されたスターウォーズの新作ゲームソフト『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』のレビューです。


とりあえずシナリオクリア&トロフィーコンプをしての感想になります。




目次


『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』製品概要


 
定価:8,500円(税別)*1
機種:PS4、Xbox One、PC
発売:2019年11月15日発売
ジャンル:アクション
 


アクションやフォースを駆使して、ステージの仕掛けやギミックを解きながらマップを攻略していくタイプのアクションゲーム。主人公の背中が見えている三人称視点タイプで、ステージの仕掛けを解きながら進んでいく点も含めてイメージ的には『ゼルダの伝説 時のオカリナ』あたりに近いと感じました。完全一人プレイ専用で、オンラインでのマルチプレイはありません。


ストーリーはスターウォーズの"正史"扱いとなる新作のオリジナルストーリーで、時系列としてはEp3とEp4の間の話となります。主人公(プレイヤー)は"オーダー66"を生き延びたパダワン、カル・ケスティスとなってジェダイ・オーダーの再建を目指します。



作品の感想・良かった所

作品の評価


評価:90点
(100点満点で) 


一言でいうと、ジェダイになれるスターウォーズファンにはたまらないゲーム


スターウォーズの映画の世界を旅しているようで、個人的には大満足の内容でした。後述の不満点の分でマイナス10点ですが、ゲームの出来やシナリオ・操作性などクオリティは非常に高いです。


映画の世界に入り込んだような没入感

映像に関してはさすがPS4といったところ。各惑星の自然や景色、登場人物の造形もかなりリアルに仕上げられています。


映画でもお馴染みのBGMや効果音もあって、スターウォーズの映画の世界に入り込んだかのような没入感でプレイできました



フォースを駆使して惑星を攻略

プレイヤーはオーダー66を生き残ったパダワン(ジェダイ見習い)となって、ジェダイ・オーダーの再建をめざし、帝国兵へ刺客と戦ったり銀河の惑星を冒険していきます。


ダッシュやジャンプといった基本的なアクションに加え、フォースで対象の動きを止める・手元に引き寄せるなどのスキルを駆使して、ジャングル・雪山・帝国の基地といった多彩なステージを攻略していきます。


フォースを用いたアクションやスキルはシナリオを進めていくとアンロックされたりスキルポイントを貯めて習得していくため、ジェダイとして少しずつ成長していっているかのような感覚をもってプレイできます。また、スキルやアクションの習得で行ける場所も増えていくので、徐々に世界が拡がっていくかのような感じもありますね。


バリバリとシナリオを進めていくもよし、スキルを習得する度に寄り道をして世界を拡げていくもよしといった感じですね。

夢のライトセイバーバトル

本作の主人公はジェダイ、ということで当然ながら主たる武器はライトセイバー
お馴染みのブォンブォンという効果音とともにライトセイバーを振り回して進んでいく快感はたまらないです。斬られた敵の演出も含め、かなりのハイクオリティで表現されていて、スターウォーズの世界に入り込む助けになっています。

もちろん、トルーパーのブラスターをライトセイバーで跳ね返す映画でもお馴染みのアクションも。


フォースのスキルと同様にライトセイバーの剣技もストーリーの進行とともに増えていくので、だんだんとバトルのなかで出来ることが増えていくのも楽しみの1つです。


難易度は比較的高め

下から2番目(4段階)のデフォルトにあたる難易度でプレイしましたが、ゲームとしての難易度は比較的高めの印象でした。


通常のザコ敵もガードや回避を普通に使ってくるので、攻撃ボタン連打だけでバッサバッサと切り捨てていく無双的な爽快感はないかもしれません。ストーリー終盤まで行っても不用意にザコトルーパー数人に囲まれるとあっさりやられたりします。回避やフォースをうまく使って相手を崩して倒すことに爽快感を得られないと「難しいゲーム」と感じるかもしれません。


ただ、途中でも難易度は変更できるので、「アクション苦手」という方は少し難易度を下げてみてチャレンジしてみるといいと思います。


ステージ中の仕掛けや謎解きもかなり多め。個人的には「手応えが無くなるほど簡単すぎず、攻略サイトを見ないと進めないほど難しくない」ぐらいのほどよい難易度に感じました。ただ、この手のゲームになれていなかったり、例えば「明らかに不自然なオブジェクトは謎解きの鍵になる」といったある種のゲームの暗黙のお約束ごとみたいなものを知らない・馴染みのない方には複雑なギミックが多くて煩わしい(全然進めない)ゲームに感じるかもしれません。



残念な点、不満点

<周回要素がない>
まず、残念だったところとしてはシナリオクリア後の周回要素や隠しボスみたいのがなかった点。


データを引き継いでのニューゲーム機能などはないので、クリア後は過去のマップで収集要素のコンプに勤しむか、全く新規にシナリオをやり直すぐらいしかありません。各惑星の探索はかなり手間ではあるので、やはりなにかの追加要素や引き継ぎ要素がないと二周三周とやるモチベが出にくいのが残念なところ。


せっかく操作をしてること自体は楽しいゲームなので、DLCでの追加シナリオや追加マップに期待したいところです(公式の見解をみていると追加コンテンツはないようですが)。


<ファストトラベルがあると良かったかも>
各種の収集要素やトロフィーコンプをしようとすると過去のマップにも複数回訪れる必要がありますが、マップの端から端までの移動となった場合かなり距離があるので「クリア済みのマップで使えるファストトラベル機能」みたいのがあったら便利だったかなーと思います。

そもそもキャラクターになりきって行動するのが楽しいゲームなので、あまりやり過ぎると面白さを損ねてしまいそうな気もするのでそこは難しいところです。



まあ、不満点と言ってもだいたいこんなところです。



今後に期待したいポイント

個人的には非常に楽しめたので、同じようなシステムでの「続編」「原作ストーリー追体験型(クローンウォーズあたりとか)」の作品に期待をしたいところです。


思い切ってダース・ベイダーを主役にして帝国に歯向かう星を侵略していく、みたいのでも面白いかもしれません(Ep4の前後あたりの時系列で)。


絶対買うから続編だして!!




まとめ

個人的な評価をもう一回。

評価:90点
(100点満点で) 


ライトセイバーで戦える!フォースが使える!ジェダイになれる!


ということでスターウォーズファンとしては大満足の内容でした。スターウォーズとアクションゲームが大好きという人には間違いなくおすすめできます


逆に、スターウォーズが好きでも「アクションゲームや謎解き系のゲームが苦手」という人にはやや難しいかなとは思います。ある程度人を選ぶ所があるのは間違いないかもしれません。アクションに自信のない方はプレイ動画等を確認してから購入を検討されるといいかもしれません。




*1:PS4版