ゆめろぐ

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が、仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

LEGENDBB 真駆参大将軍を作ったよ【ガンプラ】

【LEGENDBB 真駆参大将軍】

今回は二代目大将軍に引き続き、LEGENDBBから武者シリーズが好きな人みんなが立体化を待ち望んでいた幻の大将軍、真駆参大将軍をレビューしていきます。


ちなみに「真駆参大将軍」「マークスリーだいしょうぐん」と読ませます。




下の方で内容物の一覧を見ていただくと一目瞭然ですが、さすがBB戦士といえるボリュームになっています。


大将軍状態の他にも「真悪参の鎧」が付属しておりますが、これは真参の先祖である武者真参の鎧となります。(わかりにくい。)そのため二代目大将軍のときの雷凰頑駄無のように純粋な出世前の姿とは別になります。


要は先祖の鎧を着ている状態ですね。このため説明書にも、「真悪参の鎧装着状態」のような記載のされ方をしています。ちょっと分かりにくいですね。笑




目次


基本情報

  • サイズ :フリーサイズ
  • シリーズ:LEGENDBB
  • 定価  :1,944円
  • キャラ名:真駆参大将軍


真駆参大将軍は、新SD戦国伝「伝説の大将軍編」に登場する頑駄無真駆参が一時的に大将軍となった姿です。大将軍にはなったものの自分には相応しくないことを悟り、その力を返上。その後主人公である烈光頑駄無が新たに大将軍となりました。


真駆参が大将軍となっていたのはほんの一瞬で、これまでも出世前の頑駄無真駆参のみがキット化をされるにとどまっていました。しかしその人気は根強く、キット化が待ち望まれていたキャラクターです。



なお、デザイン上のモチーフはその名前の通り、MSVからガンダムMk-Ⅲです。



f:id:yumekichi730:20170806230412j:plain
パッケージアート。
今回もカッコいいです。真駆参大将軍のイラストを公式できちんと見たのは今回がはじめてかもしれないな。


f:id:yumekichi730:20170806230434j:plain
内容物。
真駆参大将軍本体、双刃剣(ダブルハーケン)、三叉の槍、斬鳳剣&鞘、戦武面(バトルマスク)、真悪参の鎧、龍馬凰形態に換装するためのパーツ。


当サイトでのレビューでは過去最大のボリュームになりました。鎧を外した軽装状態を抜いても3つの形態に変形するため、パーツも多くなってますね。


独特な当て字も武者シリーズではお馴染みです。



f:id:yumekichi730:20170806230527j:plain
大将軍の状態で正面から。額のメッキパーツと翼によって、大将軍の名に恥じない一際派手な佇まいとなっています。


背中には2門の大目牙破壊砲(オメガバスター)を背負っていますが他の派手な装飾で正面からだとあまりわかりません。



f:id:yumekichi730:20170806230546j:plain
横から。



f:id:yumekichi730:20170806230559j:plain
後ろから。
背中に大きなキャノンを背負っているのは大将軍のお約束です。



f:id:yumekichi730:20170806230625j:plain
アップ。
額には大将軍の象徴である頑駄無結晶(ガンダムクリスタル)がクリアパーツで再現され、結晶鳳凰(クリスタルフェニックス)が金メッキで輝いています。


への字口は毎度の通りグレーのマーカーでスミ入れです。


f:id:yumekichi730:20170806230655j:plain
大将軍御用達のバトルマスク装着。
胸の赤と青の陰陽珠はジュエルシールで再現。



f:id:yumekichi730:20170806230718j:plain
続いて先祖である真悪参の鎧を装着した状態で。色も形状も全くの別人ですね。


この鎧をつけていた武者真悪参が異世界に飛ばされてナイトガンダムとなったのは有名な話。


f:id:yumekichi730:20170806230739j:plain
横から。



f:id:yumekichi730:20170806230752j:plain
後ろから。

バックパックは本来ケンタウロス形態で後ろ足となる部分ですが、残念ながら本キットは変形できません。



f:id:yumekichi730:20170806230814j:plain
アップ。

やはり何よりも印象的なのが左右非対称の額の三日月です。



f:id:yumekichi730:20170806230829j:plain
軽装タイプで正面から。

正直軽装タイプだけみても誰が誰かはなかなかわかりません。



f:id:yumekichi730:20170806230853j:plain
横から。



f:id:yumekichi730:20170806230909j:plain
後ろから。

左右にある丸い穴は使わなかったような…。LEGENDBBの共通規格かなにかのようです。


f:id:yumekichi730:20170806230951j:plain
続いて龍馬凰形態で正面から。

正面からだと少し分かりにくいですが、SDガンダムお馴染みの人馬形態です。



f:id:yumekichi730:20170806231007j:plain
横から。
この角度から見ると分かりやすいです。本キットでも最大のボリューム感になっています。


f:id:yumekichi730:20170806231021j:plain
後ろから。



f:id:yumekichi730:20170806231046j:plain
アップ。

この形態の時はバトルマスクの装着に加え兜の赤い部分も一段下がっているので、素の顔はほとんど隠れています。



武装・可動・ポーズ

f:id:yumekichi730:20170806231104j:plain
まずは軽装タイプ。二代目に引き続き、SDながらかなり可動します。


おりゃあ~


f:id:yumekichi730:20170806231147j:plain
真悪参の鎧と三叉の槍を装備。

せっかく真悪参の鎧がついているので、白銀の盾と銀狼剣がないのが残念。



f:id:yumekichi730:20170806231131j:plain
もう一枚。

ちなみに鎧の成型色は黒ですが元々の設定は濃いめの紺だったように思います。



f:id:yumekichi730:20170806231228j:plain
そして真駆参大将軍。

まずは斬鳳剣パッケージっぽく。カッコいいです。


ちなみにこのキットは自立はしますが、重装備なこともあってあまりバランスがよくないのでポーズをつけさせるときはアクションベースの使用推奨です。



f:id:yumekichi730:20170806231301j:plain
双刃剣(ダブルハーケン)を装備。

肩についていた鳳凰の顔をハーケンの両端に付け替えます。



f:id:yumekichi730:20170806231342j:plain
片刃刀(シングルグレイブ)を装備。

こちらは三叉の槍の柄の部分と、真駆参の右肩につけていた刃を合体させて作れます。



f:id:yumekichi730:20170806231407j:plain
背中の大目牙破壊砲(オメガバスター)は可動しますが、兜飾りや肩の飾りが干渉してあまり傾けることはできません。


f:id:yumekichi730:20170806231442j:plain
龍馬凰形態に。

さすがに大将軍の本気モードだけあって名前も龍に馬に鳳凰と豪華。



f:id:yumekichi730:20170806231503j:plain
LEGENDBBシリーズではお馴染みですが、本キットも目の部分のシールが4種類付属していてそのうち2枚を選択することができます。


このキットでは「正面」「右向き」「左向き」「涙目」の4種類が付いています。涙目と併せて流れる涙のシールもついていて(右上の水色)、自分は大将軍に相応しくないと悟り涙するシーンを再現することが可能です。


今回は中々決めかねたのでとりあえず正面のシールだけを貼っています。



その他

f:id:yumekichi730:20170806231522j:plain
二代目と。こうして並べてみると、二代目の方が落ち着いて高級感のある感じ、真駆参はその配色や背中の翼からよりヒーローっぽい印象があります。


ちなみに原作だと二代目は真駆参よりもかなり前の時代の人物(歴史上の人物的な扱い?)のため、二人が共演したことはありません。


f:id:yumekichi730:20170806231553j:plain
ついでに大将軍じゃない状態でも。事前知識がなければ完全に別の二人組ですね。


f:id:yumekichi730:20170806231623j:plain
恒例のハンマー。

LEGENDBBは手首が単一パーツのため、ハンマーのような武器は握ることができません。ただ、無理矢理持たせてる割には似合っているような。


さいごに

知る人ぞ知る幻の大将軍、真駆参大将軍のレビューでした。


とにかくカッコいいです。昔SD戦国伝のプラモを作ったことがあって、真駆参を知っていたという方であれば買っておいて損はないでしょう。


ここまでLEGENDBBのシリーズでは大将軍は前回の二代目を入れてまだ2体です。初代・三代目・四代目はもちろん、真駆参の戦友である新世大将軍、その息子で歴代最強と名高い飛駆鳥大将軍(出世前は発売済)などの発売も期待したいところです。お願い、バンダイさん!




次回を待て!




【写真撮影に使用した背景の簡単作成方法】
www.yumekichi-blog.com


【ガンプラレビュー】

www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com


おもちゃ・プラモデル カテゴリーの記事一覧 - ゆめろぐ