ゆめろぐ

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が、仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

HG 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)を作ったよ【ガンプラ】

【HG 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)】


局地型ガンダムに続き、ガンダムぽいやつの第2弾。アニメ化もした「大人のガンダム」、サンダーボルトより陸戦型ガンダムS型です。


特徴的な頭部形状により好みは別れそうですが、サンダーボルトのシリーズ恒例の豊富な装備にデカール地獄と、中々に作り応えのあるキットでした。



目次


基本情報

 

  • サイズ :1/144
  • シリーズ:HG GUNDAM THUNDERBOLT
  • 定価  :1,944円
  • 機体名 :RX-79[GS] 陸戦型ガンダムS型

 

サンダーボルトの第二部においてスパルタン隊の主力として配備された量産モビルスーツ。


しかし本家の陸ガンと違い、頭部以外はジムに部分的な改修を加えただけのもののようです。特徴的な頭部形状と、武装のビームジャベリンが印象的な機体です。


f:id:yumekichi730:20170803204008j:plain
パッケージ。
中々の躍動感です。


f:id:yumekichi730:20170803204030j:plain
内容物。
陸戦型ガンダムS型本体、ビームジャベリン、ビームサーベル刃×2、シールド×2、シールド装備用のジョイント、サーベル用握り手左右、ライフル握り手左右、ジャベリン用握り手(右のみ)、ビームライフル、サブアーム左右。


やっぱりサンダーボルト系は付属品も充実していますね。左手用のビームライフル握り手が付いているのも1/144サイズのキットとしては珍しいです。



f:id:yumekichi730:20170803204308j:plain
正面から。
先日の局地型ガンダムと同じく、初代ガンダムに比べるとシックで落ち着いたカラーリングです。

所々のディテールにサンダーボルト系の機体っぽさがあらわれています。また、全身のデカールも特徴の1つですね。


f:id:yumekichi730:20170803204320j:plain
横から。大きめのバックパックが印象的。



f:id:yumekichi730:20170803204330j:plain
後ろから。


f:id:yumekichi730:20170803204345j:plain
アップ。
本機体の一番の特徴とも言えるのが頭部形状ですね。ガンダムお馴染みの額のブレードアンテナは無く、代わりに連邦のエンブレムと頭頂部に細い二本のアンテナが。このエンブレムがおもいっきりシールなのは残念なところ。それ以外の部分の形状はさすがにほとんど陸ガンですね。


この頭部形状は普通に「ダサい」部類の評価を受けやすいのではないかと思います。僕も初見はそう思いました。ただ、それも含めてサンダーボルトっぽい。


口のへの字の部分はいつもの通りグレーのガンダムマーカーでスミ入れをしています。




武装・可動・ポーズ

f:id:yumekichi730:20170803204425j:plain
ビームライフルを装備して。この独特な頭部も、ポーズをつけさせたりしているとだんだんカッコよく見えてくるから不思議。


f:id:yumekichi730:20170803204603j:plain
次はビームサーベル。ライフル用の左の握り手も付属しているので、写真のように左手にビームライフルを持たせることも。


f:id:yumekichi730:20170803204714j:plain
説明書の写真っぽい感じで。
最近のキットだけあって、可動は中々のものなのでポーズもつけやすいです。


f:id:yumekichi730:20170803204804j:plain
柄も刃もちゃんと二本ついているので二刀流も可能。


f:id:yumekichi730:20170803204858j:plain
バックパックにサブアームを装備。サブアームにはビームライフルかシールドを持たせることが可能。


ちなみに左右のアームはそれぞれ写真のように形状が異なりますので、とれる体勢やポーズはある程度限られます。。


f:id:yumekichi730:20170803205004j:plain
ビームジャベリン装備。ジャベリンは両手持ちが基本のようで、片手で持つと重さに負けます。

右のサブアームにはビームライフルを持たせています。


f:id:yumekichi730:20170803205212j:plain
パッケージアートっぽく。右手はジャベリン専用の角度のついた握り手にしています。



その他

f:id:yumekichi730:20170803205308j:plain
元の機体である陸戦型ガンダムは持っていないので、とりあえず初代ガンダムと。やはり並べてみると色合いがだいぶ違いますね。陸戦型ガンダムも作ってそちらと並べたいです。


f:id:yumekichi730:20170803205322j:plain
恒例のハンマー。
普通に似合っています。


f:id:yumekichi730:20170803205341j:plain
逆に初代ガンダムにジャベリンを持たせてみました。初代ガンダムもジャベリンは装備にている設定のため違和感はありません。


f:id:yumekichi730:20170803205359j:plain
あまりのパーツ。
サンダーボルト版のジムと共通のランナーを使っているため、ジム固有の部分がだいぶ余ります。右上にジムの頭が見えますね。


 

まとめ

特徴的な頭部の形状がダサカッコイイ機体でした。


宇宙世紀ものの作品ではあるものの、サンダーボルトは独自の解釈や工夫が加えられた作品です。その辺は各部位やパーツの形状の違いとしてプラモデルにも現れていますね。


個人的には1/144では入手しにくいビームジャベリンがついてくるというのもポイントです。


 

次回予告!!

f:id:yumekichi730:20170803205423j:plain


SDガンダムが好きなみんながずっと待っていたあの大将軍がついにキット化!

次回は幻の大将軍、初の立体化作品をレビュー!!


 


なぜAmazonさんの写真は真っ白なんだ・・・。




【写真撮影に使用した背景の簡単作成方法】
www.yumekichi-blog.com


【ガンプラレビュー】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com


おもちゃ・プラモデル カテゴリーの記事一覧 - ゆめろぐ