ゆめろぐ

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が、仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

スター・ウォーズ最新作の公開に向けて前作『フォースの覚醒』の気になるポイントを整理してみた

きたる2017年12月15日、全世界待望のスター・ウォーズの最新作『最後のジェダイ』が公開となります。2年前の『フォースの覚醒』の続編であり、全体の位置付けとしてはエピソード8にあたる作品です。


良作となりがちな三部作の二作目(帝国の逆襲/クローンの攻撃)というポジションでもあり、前作で残された謎や伏線の回収も含めて期待は高まります。



こちらの記事では最新作『最後のジェダイ』の公開に先だって、前作であるエピソード7『フォースの覚醒』を見直して気になるポイントや今後に繋がりそうな伏線を整理してみました。




【お断り】
ここから、『フォースの覚醒』を含む過去の作品のネタバレが含まれますので、ご覧になられる際はご注意をお願いいたします。なお、最新作である『最後のジェダイ』の内容につきましては、映画の公開後であっても予告編以上の内容は記載をしておりません(予想として書いた内容がたまたま当たってしまっていた場合は除きます)。


また、当記事の管理人は劇場公開されたスター・ウォーズのシリーズはすべて見ておりますが、関連の外伝・書籍・ウェブサイト等のすべてを網羅しているわけではございません。そのため、公式設定・裏設定・ファン間での通説等にすべてにおいて正しい知識を持っているとは限りません。一個人の考えや感想である点をご了承のうえ、温かくご覧いただけますと幸いです。
 
 


 
目次

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』について

  • 監督:J.J.エイブラムス
  • 制作:アメリカ
  • 公開:2015年

砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独な女性レイは、謎のドロイドBB-8とストームトルーパーの脱走兵フィンと出会い運命が一変する。
一方、十字型のライトセーバーを操るカイロ・レンに率いられた帝国軍の残党であるファースト・オーダーは、消えたとされる最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの行方を追っていた。銀河に新たな脅威が迫る中、レイたちはハン・ソロとチューバッカに出会う。
 
Amazon商品紹介より


こちらが前作で2年前に公開となった『フォースの覚醒』です。
タイトルには入っていませんが、全体のストリー上の位置づけはエピソード7となり、時系列ではルーク・スカイウォーカーを主人公とする旧三部作のその後の話になります。そして来週より公開される『最後のジェダイ』がその続きとしてエピソード8となるわけですね。
 

 
その翌年に公開された『ローグ・ワン』が歴代最高とも名高い良作だったためイマイチ印象が薄いですが、今回エピソード8公開に向けて見直してみました。ここから気になるポイントや伏線と思われる点について整理をしていきたいと思います。



 
 

『フォースの覚醒』で気になったポイントや伏線について

主人公のレイについて

初の女性主人公となったレイですが、彼女自身についてもまだまだ謎ばかりです。


ちなみにレイが暮らしていた砂漠の惑星のは最初タトゥイーン(アナキンやルークの出身地)かと思いましたが、惑星ジャクーという別の星です。



【EP7の段階での謎や伏線】

  • 飛行機の操縦が達者、初めて撃つはずのブラスターの命中精度も高い、そして強いフォースの素質(つまり当初からただ者ではない)
  • 彼女がジャクーで待っている家族とは?
  • スノークやレンなど敵の大物がはじめから彼女の動向を気にしていた
  • ルークのライトセイバーに引き寄せられていた
  • カイロレンがルークを裏切った場面と思われるビジョンは彼女の記憶なのかフォースが見せたものか?
  • 彼女が近づいたことによりR2のスリープが解除された?
  • そしてルークとの関係は?


やはり気になるのは前三部作の主人公であるルーク・スカイウォーカーとの関係ですね。


レイとルークの関係について

『フォースの覚醒』はレイとルークの邂逅のシーンで幕を閉じます。ちなみにEP7を観ていてスクリーンにマーク・ハミルが現れた時は「おおーーー!!」と声を出しそうになりました。そして最新作『最後のジェダイ』の予告でもルークの下で修業するレイの姿が…。



二人の関係について一番有力な予想としてはやはり親子説でしょうね。


レイが待ち続ける"家族"の正体は、娘を戦いから遠ざけようとした父ルークだった。それならばレイの主人公補整だけでは説明しきれない能力・素質も納得です。また、『フォースの覚醒』の中でカイロレンをライトセイバーの対決で破った際の、力任せに押し切るような戦い方は(ルークの娘説が正しければ祖父という事になる)ダース・ベイダーを彷彿とさせるものがありました。



さらにスター・ウォーズといえば「父超えを果たす物語」とか「過去の流れを踏襲しがち」とか「そもそもスカイウォーカー家の話」などの側面を持つと言われることもあり、ルークとレイ親子説は個人的にも鉄板だと予想しています。



ただ、レイとルークが親子だった場合気になるのはルークの今後です。歴代の主人公格のキャラクターの父親って、みんな元からいないか途中でいなくなるんですよね。


スター・ウォーズにおける"父親"の存在について

スター・ウォーズのシリーズはしばしば"父親超え"とか"父親殺し"の物語と言われることがあります(ただし、これまで明確に自らの父を手にかけた主人公はいません)。そのためなのかなんなのか主人公の父親って最後まで生存してた人がいないんですよね。


【アナキン・スカイウォーカー】
EP1~3の主人公。父親は不明とされており、母であるシミ・スカイウォーカーの処女懐胎であると語られています。本当にミディクロリアンによって産み出された生命の可能性も高いですが、他にアナキンの父親予想でよく名前が上がるのは以下の人達。

<ドゥークー伯爵>
この人の説も中々根強いですね。「息子(とした場合)の右手を切り落とす」「最終的には息子に敗れる」等がルークとベイダーの関係と重なる部分が多いことが根拠とされます。歴史の踏襲が多いとされがちなスターウォーズならではの考察か。EP3の序盤でアナキンに敗れ死亡。

<ダース・プレイガス>
シスにおける伝説上の人物。強力なフォースにより生命を操ることが出来たとされています。彼がフォースを操ってシミ・スカイウォーカーにアナキンを身籠らせたとすると、彼女の語った「いつのまにか妊娠していた」にも矛盾しません。弟子であるダース・シディアス(=皇帝)の裏切りにより死亡したとされています。

<その他>
他にはダース・シディアスやクワイ=ガン・ジンなどの名前がでることもありますが、可能性は低そうです(というよりその辺の人物だとしても今後劇中で説明される機会はなさそう)。



【ルーク・スカイウォーカー】
EP4~6の主人公。父親はダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)。ベイダーはEP6においてルークとの戦いに敗れたのちに正義の心を取り戻し皇帝を倒しますが、本人も既に致命傷を受けていたため息子ルークの腕の中で息絶えます。


【ジン・アーソ】
外伝ですが…。ローグ・ワンの主人公。父親はデススターの開発者であるゲイレン・アーソ。後のEP4に繋がる"最後の希望"であるデススターの弱点の情報を残しますが、ローグ・ワンの劇中で死亡します。





レイとルーク親子説は固そうなものの、このあたりを踏まえるとルークがどうなるか非常に心配になるんですよね…。

ルークのライトセイバー

本作のサプライズの1つにルークのライトセイバー(1本目)が登場したというのがありました。ルークの自作である2本目とは違い、この一本目は元を辿れば父アナキン(ダース・ベイダー)のものでした。

  • 暗黒面に寝返ったアナキンをムスタファーでの戦いで破ったオビ=ワンが回収して保管。(EP3)
  • 十数年の時を経て、オビ=ワンからルークの手に渡る。(EP4)
  • 雲の惑星ベスピンでダース・ベイダーによりルークの右腕ごと切り落とされ紛失。(EP5)
  • それから30年後の『フォースの覚醒』において、惑星タコダナのマズ・カナタの酒場の地下室に保管されていた。フィンを経てレイの手に渡る。(EP7)


『フォースの覚醒』において、なぜマズ・カナタがルークのライトセイバーを持っていたのかの説明はされていません。ソロもその存在は知らなかったようです。ちなみにカイロ・レンはルーク(というよりベイダー?)のライトセイバーであることを初見で見抜いたような素振りがありました。



レイからルークにこのライトセイバーが手渡される所で『フォースの覚醒』は終わりますが、今後もストーリーのキーとなっていきそうですね。


カイロ・レンについて

ブラスターの光線をフォースで空中に制止したりと、序盤は強キャラ感がものすごかったレン君。それがどうしてあんな残念なことに…。


彼の正体はハン・ソロとレイアの息子で、名前はベン(作中でフルネームは明かされていないがおそらくはベン・ソロ?)といいました。ベンといえばアナキンそして息子ルークの師でもあるオビ=ワン・ケノービの隠居時代の偽名でした。なのでどちらかといえば息子にベンと名付けそうなのはルークの方ではありますが。



彼は結局どっちなのか、ライトサイドに戻ってくるのかダークサイドに堕ちたままなのかも今後のポイントでもあります。正直あまり気にならないのが残念なところですが…。というか『フォースの覚醒』であそこまでやっといてノコノコ正義側に戻ってきたらドン引き。


ダース・モールなんかのように悪役として潔く退場させてあげた方がキャラとしてもよさそうな気がします。



ちなみに彼について気になる所はそのネーミング。歴代のダークサイドの戦士はみな「ダース」の名を持っていました(ダース・ベイダー、ダース・モールなど)。ベイダーに憧れていたのならなおのこと「ダース・○○」という名前にしそうなものですが…。その辺の由来が明かさせる可能性はあまり高くなさそうですね。

ハン・ソロの安否について

そして息子であるレン君からグサッとやられてしまったハン・ソロは本当に死んでしまったのか?というのも気になるところです。明確に事切れる描写はなかったものの、個人的にはあまり生存率は高くなさそうな気がします。


その瞬間をレイアが感じていた描写があり、戦いの後もすべてを察してしたような表情から間違いはなさそうな気がします。スターキラーの惑星自体も崩壊してますし。


ちなみに『フォースの覚醒』におけるお馴染みのセリフ、「嫌な予感がする」はソロでした。



フィンについて

元はトルーパーの中の人だったり、ジェダイとは何の縁もない(はず)ながらライトセイバーを扱ったりと今までにいなかったタイプのキャラクター。


『フォースの覚醒』終盤ではレンとの戦闘で負傷し医療カプセルで眠っていました。何となく次のエピソード8は眠りっぱなしで、エピソード9での復活というパターンもありなくはなさそう。

ポー・ダメロンについて

レジスタンスのエースパイロット。彼がジャクーに墜落した後に生きていた理由や経緯については特に語られることはなさそうな感じがします。

最高指導者スノークとは何者か?

今回の三部作のラスボスとなりそうなファーストオーダーの最高指導者スノーク
彼の正体についても様々な憶測がなされています。ダース・ベイダーダース・シディアス(=皇帝)、ダース・プレイガス(シディアスの師)などなど。


個人的にはEP6でライトサイドに帰還したベイダーの線は無いと思っていますが、ダース・プレイガスだったら楽しそうですね。公式に語られることのなかったアナキン出生の秘密が劇中で語られるとしたらプレイガス説しかなさそうなので…。(アナキンには父がおらずフォースによって産まれたとされる/プレイガスは生命を操れるほどの強力なフォースを使いこなせた)



正体が明かされるのはさらにその次のエピソード9となる可能性も高そうですが。


ベイダー卿について

『フォースの覚醒』におけるベイダー卿の出番は焼け残ったメットぐらいでした。スターウォーズは「全体通してもアナキンが主役」と語られることもある(最終的にEP6で皇帝を倒してフォースにバランスをもたらしたのはベイダー)ため、何らかの形で関わってくる可能性も無いとは言い切れませんが…。


個人的には『ローグ・ワン』で大活躍を見せてもらったので、もう安らかに休んでいて欲しいような気もしています。

「最後のジェダイ」について

最新作エピソード8のサブタイトルともなっている「最後のジェダイ」はいったい誰のことを指すのか?ルークなのか?レイなのか?レイだとするとルークはどうなるのか??



『フォースの覚醒』冒頭のオープニングロールではルークを指す言葉として「the last Jedi」が使用されています。普通に考えれば単純にルークを指すのか、最後のジェダイとしてレイが覚醒するかのどちらかでしょうね。



そちらについても最新作でどのように描かれるのかが楽しみなところです。



エピソード8『最後のジェダイ』は2017年12月15日公開


以上、最新作の『最後のジェダイ』に向けて、前作を、改めて見直してみて気になったポイントのまとめでした。



公開まであと数日。個人的には見に行けるのは年末年始になりそうな感じもありますが、非常に楽しみです。






【スターウォーズ関係の記事です】
www.yumekichi-blog.comwww.yumekichi-blog.comwww.yumekichi-blog.com