ゆめろぐ

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が、仕事・趣味・生活について書き連ねていく雑記ブログです。

ラプンツェルの名シーンをお台場で体験!!ディズニーアート展に行ってきたよ。

お台場の日本科学未来館で開催中の「ディズニー・アート展」に行ってきました。


ディズニー・アート展自体は4月から開催されていましたが、8月1日より新たに「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ 塔の上のラプンツェル エクスペリエンス」が開催されています。これはディズニーの作品「塔の上のラプンツェル」のワンシーンである無数のランタンが宙を舞う所を再現したものです。



このシーンはタイのコムローイ祭を元にしていると言われています。コムローイ祭にも一度は行ってみたいものですが、海外ということもあってハードルは低くない…。同じように思われている方も多いのではないかと思います。とりあえずお台場で雰囲気を体感されてみてはいかがでしょうか。




期間は9月24日までとなっています。





目次


ディズニー・アート展

f:id:yumekichi730:20170820223616j:plain

<ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法>

【期間】
2017年4月8日~9月24日

【場所】
日本科学未来館

東京都江東区青海2-3-6 日本科学未来館


【料金】
大人:1,800円
18歳以下:1,200円
小学生未満:600円
二歳以下:無料



日本科学未来館の企画展として開催されています。こちらのチケットで通常展も観ることができます。


ちなみに通常展のみの入場料は大人620円に18歳以下が210円でした。当日現地でチケットを買う場合は間違えないように注意しましょう。


f:id:yumekichi730:20170820223718j:plain

入口です。


f:id:yumekichi730:20170820223814j:plain

入口のところでは数々の巨大なディズニーアートがお出迎えしてくれます。その日は休日ということもあってそれなりの列はできていましたが、入場自体は5分ぐらいでできました。



当然ながら中での撮影は禁止です。



展覧会ではディズニーの各作品の原画・デザインアートの展示(そのほとんどが日本初上陸なんだとか)や、製作秘話・技術が惜しげもなく展示されていました。


また、グッズショップも併設されていて、こちらは入場が30~40分待ちでした。



塔の上のラプンツェル エクスペリエンス


そしてもうひとつの目玉、8月1日より開催されている「塔の上のラプンツェル エクスペリエンス」へ。


会場はアート展のある一階から七階に変わります。改めてチケットを見せる必要があるので、アート展に入ったからといって捨ててしまわないように注意しましょう。



f:id:yumekichi730:20170820224011j:plain

入口。こちらはディズニー・アート展のチケットがあれば何度でも入ることができます。実際に数十周とかされている方もいるようですね。


なぜ何度も入る必要があるのかというと、こちらの催しは時間制限があります。そしてその時間制限というのがわずか1分なんですね。



中から出てきた人たちが口々に「1分て短いよね~」とか、後ろに並んだ家族連れのお父さんが「20分待たされて1分かよ」なんて言ってたりしました。ちなみに僕が行ったときの待ち時間は20~30分ぐらいでした。ディズニーランドに行けば一時間並んでアトラクション自体は数分で終わるなんてのは当たり前なので個人的には短さはあまり気にはなりませんでした。



おとなしく並んでいると、前室の所に到達しそこでスタッフさんから説明を受けます。会場内は(多分)10メートル四方ぐらいのガラス張りの薄暗い部屋で、そこに15人程度が順番に入ります。時間は前述の通り1分間で、60秒たつと外に出るように言われます。




会場内は撮影OK(SNSで拡散してねとのこと)なので、言葉で説明するよりも実際の写真をご覧いただきたいと思います。


ちなみに撮影は可能ですが、フラッシュ・自撮り棒の使用・ランタンに触れるのは禁止とのことです。



f:id:yumekichi730:20170820224129j:plain

こんな感じ。部屋の薄暗さ、四方の壁はガラス張りということもあってかなり幻想的な雰囲気です。


f:id:yumekichi730:20170820224214j:plain

ランタンは人が近づくと明るく輝くようになり、それが周辺のランタンにも広がっていくというかなり凝ったつくりになっていました。



f:id:yumekichi730:20170820224233j:plain

ランタンの柄は数種類ありましたが、一番人気の太陽も無事発見できました。




かなり幻想的な雰囲気に浸れますので、ディズニー・アート展に行こうか迷われている方は併せて検討されるのをお勧めしたいと思います。SNS映え、インスタ映えのする写真がとれることは間違いないと思います。




1分間しかない件についてはどう捉えるかは人それぞれだと思いますが、

  • あまり人が多いと雰囲気台無しになるので少人数で回転させる。
  • 長時間いると気分が悪くなりやすい(スタッフからのアナウンス)


といった点からも僕は妥当かなと思います。回数制限はないので、こだわるタイプの人は人の少なそうな時間帯を狙って納得の行く写真がとれるまで周回するというのもアリかもしれませんね。





おまけ:日本科学未来館

せっかく科学未来館に行ったので、常設展等も堪能してきました。


f:id:yumekichi730:20170820224326j:plain

七階のレストラン「Miraikan Kitchen」。ラプンツェルのほぼ正面にあります。


趣向をこらしたメニューやプレート、出汁バー・醤油バーなどが楽しめます。


f:id:yumekichi730:20170820224445j:plain

地球肉まん(280円)。

ちなみに味は完全に普通の肉まんです。



f:id:yumekichi730:20170820224550j:plain

そしてこのレストランの一番のポイントはお台場を一望できる景色。


奥の方にはレインボーブリッジも。ダイバーシティの前には小さくですが建造中の等身大ユニコーンガンダムが見えます。


夜景とかすごそうですが、残念ながら日本科学未来館自体が17時に閉館してしまいます。



f:id:yumekichi730:20170820224835j:plain

景色と地球肉まん。



f:id:yumekichi730:20170820224639j:plain

日本科学未来館の象徴ともいえる地球ディスプレイ。小さな無数のディスプレイでできていて、写真のような地球の状態の他にも様々な映像を写すことができます。告知やお知らせなどの館内の電光掲示板のような役割もしていました。


f:id:yumekichi730:20170820224657j:plain

下から見るか、横から見るか。



f:id:yumekichi730:20170820224808j:plain

お土産屋さん(ディズニーじゃない方)で買った、「宇宙食・プリン味」


ミルクレープ、イチゴアイス、チョコレートケーキなど様々な味があり、一番人気は「たこ焼」味でした。


f:id:yumekichi730:20170820224954j:plain

中身はフリーズドライで「プリンのとろけるような味を再現!とか嘘だろ」と思っていましたが、口の中で溶けるとほんとにプリンの味しました。


ちなみにこのお店で売っているの工作セットの面白そうさがやばい。このあと某ガンダムベースに行く予定がなければ買い漁ってしまったかもしれない…。



おわりに

少し脱線しましたが、本編の「ディズニー・アート展」、そして最近追加された「塔の上のラプンツェル エクスペリエンス」共にディズニー好きな方におすすめなのは勿論ですが、「お台場に行く予定があるよ!」という方にも一考の価値大有りの施設だと思います。



夏の思い出に是非おすすめです。



ちなみに、「チケット購入」「展示入場」「ラプンツェル エクスペリエンス入場」「ショップ入場」それぞれの待ち時間について公式Twitterにてアナウンスされていますので、行かれる際はご参考にどうぞ。



開催は9月24日までです!



【公式サイト】
ディズニー・アート展《いのちを吹き込む魔法》 | ディズニーアート2017
日本科学未来館 (Miraikan)





【その後行ったところ】
www.yumekichi-blog.com