ゆめろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が日々の思いを書き留めていきます。仕事、趣味、生活についての雑記ブログです。基本平日22時、休日は不定期に更新。

コンビニで温かいものと冷たいものは必ず袋を分けて欲しい

僕は人並み以上にコンビニを利用する方です。

残業をする際の夜食や、独り暮らしで自炊もほとんどしないので休日外食をしないときの食事などはコンビニで済ませてしまうことが多いです。
健康面での問題はさておき、最近コンビニを利用するとき気になることがあります。


それはレジで商品を入れてくれるビニール袋です。



f:id:yumekichi730:20170319165636p:plain


目次





冷たいものと温かいものを入れるビニール袋

僕はファミチキやLチキのようなコンビニのチキンが好きなので、買い物をする際は一緒に買うことが多いです。元々買うつもりがなくても、レジの横のケースに温かくて美味しそうなチキンが並べられているのを見るとつい頼んでしまいます。

最近のコンビニのチキンはその価格からは考えられないほど美味しいのですが、飲み物等の冷たいものと一緒に買ったときにどんな風にビニール袋に入れられるかでその時の買い物の満足度が大きく変わります。



袋を分けてくれる確率は半分ぐらい

  1. 「袋分けますか?」と聞かれる。(30%)
  2. 黙って別の袋に入れる。(20%)
  3. 「袋一緒でいいですか?」と聞かれる(30%)
  4. 黙って同じ袋に入れようとする。(20%)

※個人の感想です。


上はコンビニで温かいものと冷たいものを一緒に買ったときの袋に入れる際の対応の種類と比率です。

比率は完全に僕の体感で、パーセンテージも実際の回数を計ったわけではなくなんとなくです。だいたいこんなもん、という感想です。


①と②は良いのですが、③と④のこちらから一言いわないと分けてくれないパターンが50%程度、つまりは2回に1回はあるわけです。
特に④は最悪です。こちらからあわてて「温かいの袋分けてください」と止めなくてはいけません。

5回のうち1回は④のようなパターンがあるので、いちいち店員さんの袋詰め作業を見ていないといけないのもとても嫌です。
時おり分けてくれと頼むと嫌な顔をされることもありますが、はっきり言って意味不明です。



冷えてしまうと非常に不味い

この手の食べ物は買ってすぐの温かい状態で食べてなんぼの物だと思っています。冷えてしまうととても美味しくなくなります。
かつて飲み物のペットボトルと一緒に入れられてしまい、数分で気付いたもののとんでもなく不味くなってしまい途中で捨てたことがありました。
それ以来必ず袋を分けてもらうようにしています。



温かくて美味しい」を期待して購入している

コンビニのチキンを買うときにつめたく冷えた状態で食べることをイメージして買う人はあまりいないと思います。後でレンジでチンすればいいという考えもあるかもしれませんが、それならば初めからその前提の冷凍食品などを買えばいいですし、そういった手間を省くために温めてあるものを買うという考えの方が自然です。

レジの横のケースに温かく美味しそうな状態で陳列されているからこそ食欲・購買欲がそそられるのであり、購入した段階で冷たく不味くなっているのでは「詐欺だ!」とまでは言わないものの明らかに当初の期待とは異なる品物になってしまっています。



コストがかかるなら価格に乗せてくれればいい

こんな話をすると、
「袋だって用意するのはタダじゃない。コンビニ側の負担を考えているのか?」
と言われそうですが、消費者の側がそこまで考える必要はないと思います。

温かいものと冷たいものの袋を分けるのにコストが必要ならば料金に乗せてくれれはいいのです。

「チキンの代金+袋の代金」が、「温かくて美味しいチキン」に釣り合うものと思えるであるならばその料金を支払います。



最低でも必ず分けるか聞いて欲しい

上述のコストの問題もありますし、極力荷物が増えないように袋をまとめて欲しいお客様もいるかもしれないという点てんとあります。
またどの商品の組み合わせなら分けるべきかという判断、など色々問題もあると思うのでタイトルのように「分けるのさデフォで」というのは難しいかもしれません。

ですが、確認は必ずいれて欲しいと思います。
黙って一緒に入れられないようにずっと監視して、入れようとしたら慌てて止める、ってのもなかなか嫌な気分になるものです。
慌てて止める分、どうしてもキツめに聞こえる口調になってしまうことがあるのもクレーマーぽい感じがしていやです。

せめて毎回分けるかどうかの判断を委ねてもらえると、もっと気楽にお買い物できるのにな、と思っています。




【あわせておすすめ】
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com
www.yumekichi-blog.com