ゆめろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆめろぐ

自由を夢見るアラサー社畜が日々の思いを書き留めていきます。仕事、趣味、生活についての雑記ブログです。基本平日22時、休日は不定期に更新。

通勤にかける時間は結構大きい。活用すれば1年が2週間のびるぞ!

こんにちは。 もうそろそろビギナー社畜を卒業したであろうゆめきちです。今朝ふと電車の中で「どんくらい通勤の電車に乗ってんだろう」という疑問が浮かんできました。せっかくなので計算してみました。 結論から言うと、僕たちは恐ろしく長い時間を電車の中…

パソコンの辞書ツールで作業を大幅効率化しよう

こんにちは。 皆さんはパソコンの「辞書ツール」を使っていますでしょうか?辞書ツールは、ユーザーが独自にそのPCだけで変換が出来る辞書を登録しておく機能です。 予め「読み」と「語句」を登録しておくと、自動的に変換されるようになります。 当然、本…

飲みニケーションはなぜバカらしい言葉になってしまったのだろう

こんにちは。 アルハラを撲滅したい男、ゆめきちです。【関連記事】 「会社の飲み会」は何故つまらないのか。撲滅したい悪習5つ - ゆめろぐ 最近「飲みニケーション」という言葉を見聞きする場面に何度か出くわしました。 正直死語かなとも思っていたんです…

新社会人が覚えておきたい「不可能を可能にする」テクニック

すみません、そんなに大層な話ではありません。タイトル詐欺と言われるかもしれませんが、社会人になったばかり・これから社会に出るという人は是非覚えておくといい技術です。 目次 例題①:何時間でできる? 例題②:おいくら? 答え合わせ 【例題①の場合】 …

予定の無い平日にこそ、有給取得のすすめ

※2017/4/13追記しました。 "追記部分はこちら" こんにちは。昨年度はじめて年間の有給休暇を使いきる快挙を達成したプロ社畜のゆめきちです。 そのことを述べた以下の記事で書きましたが、僕の周りは有給の消化率が異常に低いです。 そこで話を聞くとよく言…

「終わらない会議」を無くすために、終了時刻を最初に決めよう。

※2017/4/12追記しました。 "追記部分はこちら"先日僕の大好きな番組である「アメトーーク」の過去に録画したものを流しながら作業していた時のことです。 お題は「芸人の新ルールを考えよう」でバナナマンの設楽さんがこんなことを言ってました。「開始時間に遅れ…

楽しく働くために。好きなことを仕事にできるだろうか?

※2017/4/8追記しました。 "追記部分はこちら" 【前回記事】 www.yumekichi-blog.com 上記の記事にて「今は仕事が楽しくないけど、楽しくできるように頑張る。どうすればいいかはこれから考える!」という決意を表明しました。 今回はその続きです。 と言いつ…

勤務時間中の休憩スタイルについて考える

こんにちは。今回の記事のタイトルは休憩時間中に思い付いたものです。 一般的な企業の1日の勤務時間は原則8時間と労働基準法で決められています。 たいていの会社は1日最低で8時間は働くことになっていると思います。(昼休憩のぞく) 残業をするとなれば…

【祝】入社5年目ではじめて年間の有給休暇を使いきったよ

もしこの記事のタイトルを見て違和感を感じたのなら、あなたは正常です。 よくわからない方のために少しご説明します。 僕の会社では1年間に20日間の有給休暇が与えられます。3月末までの昨年度で入社してからはじめて、この20日を使いきりました。 大抵の…

「会社の飲み会」は何故つまらないのか。撲滅したい悪習5つ

こんにちは。 営業のくせに飲み会が嫌いなゆめきちです。なぜなら仕事の飲み会はどこまでも仕事でしかないからです。嫌な人からすれば時間の無駄を通り越してサービス残業の強要としか感じられません。僕はお酒や普通の飲み会は好きです。 お酒が好きな友達…

コミュ障の僕が営業を5年やって変わったこと

今の会社に新卒で入社して数年たちましたが、ずっと営業職をしています。知らない人のお宅や会社に飛び込みで売りにいくタイプではなく、担当のお客様が決まっていて定期的に回るタイプの営業です。もともと人と話すのがあまり得意ではなくお酒も飲めなかっ…

仕事は楽しくなるか?どうせなら楽しく働きたい

あなたは働くのが楽しいですか? 僕はそんなに楽しくないです。 「仕事というものは楽しいとか楽しくないとかの問題じゃない」というご意見もありそうですし、僕もそれは正しいと思います。それでも1日のうち、6時間睡眠を取り、朝9時から夕方19時まで働…

オフへの切り換えが上手い人は強い

「メリハリが大事」という言葉をよく聞きます。 仕事をする上でオンとオフを切り替えることは大切です。その中でも僕が特に大切だと思うのは「オフ」の方です。しかし残念ながら「オフ」への切り替えはかなり軽んじられているのではないかと思います。 目次 オ…

定時退社する人を白い目で見る風習を無くさない限り働き方改革なんてありえない

世間では最近働き方改革の"ブーム"が起きています。 そんな流れの一貫で「残業時間の削減」に取り組まれている企業も多いと思います。僕の会社もそのうちの一つです。上記の関連記事でも書かせて頂いたのですが、単純にトップダウンで「残業時間をへらせ!」と号…

仕事がきついとき上司に言われて救われた一言

世の中には素晴らしい上司、ひどい上司、色々といると思います。失礼な言葉を使えば、「当たりの上司を引く」ということは仕事をしていく上での大きな要素であると思います。問題はほぼ運まかせという所ですが…。 今回は僕が過去仕事がきつかった、大変だっ…

仕事がつらくて仕方ない時は「引き継ぎ書」を作るのがおすすめ

仕事がきつい、つらい、もう辞めたい、そう思うことは誰にでもあると思います。僕も週に3回はそう思ってます。 そんな時に僕がやっていることは、「引き継ぎ書」をつくるです。引き継ぎ書といえば、異動や退職の際に後任者に向けて書くものです。 これはかつ…

いいかげん「飲み会=仕事」はやめませんか

そろそろ年度末打ち上げや歓送迎会のシーズンですね。僕は仕事の飲み会というやつが大嫌いです(お酒は大好きです)。営業なのに大嫌いです。大問題です。さすがに部の歓迎会、送別会、忘年会のような常識的な範囲と思えるイベントには必ず出席しますが、会社…

会社を辞めた人間は消費者になることを忘れてはいけない

辞めていった人間は消費者になることを忘れてはいけない。 時に裏切り者のような扱いをしてしまってはいないか。

働き方改革ブームで残業時間は減っていくのか?

最近の働き方改革ブームで残業時間は本当に減っていくのでしょうか。 仕事量、人員、さらには収入の問題まで、本質的な原因の解決はそこまで簡単ではありません。